山里亮太、『逃げ恥』の撮影セットを見て「テレビで見たところに自分がいるなんて」と言うもそこは新居という設定のセットでドラマスタッフをザワつかせてしまったと告白

2021年1月6日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、『逃げるは恥だが役に立つ 新春SP』の撮影セットを見て「テレビで見たところに自分がいるなんて」と言うもそこは新居という設定のセットでドラマスタッフをザワつかせてしまったと告白していた。

リスナーメール:ガッキーと久々に共演したと思うのですが、「ガッキーが初めてコントをした相手は俺だよ」という、いつものマウントはとったんですか?

山里亮太:ああ、『落下女』っていうコント番組で、ガッキーの人生初コントの相手は僕だったっていうマウント、それはとらなかったな。

なぜかって言うと、『逃げ恥』のあのセットの中に入って、緊張してて。「あ、本物だ」って思ったのと、あと直前に、スタジオ入った時に、「うわぁ、すげぇ!これテレビで見た部屋の中に、自分がいるなんて」みたいなことを言ったら、そこは今回のドラマ用の新しい家(引っ越した先の新居という設定)だったという(笑)

それでちょっとザワッとして、「あ、あ、あ…」ってなったいうのがあって(笑)その動揺でね(笑)



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事