山里亮太、『ガチンコ漫才道』で優勝するも賞品の「10日間単独ライブ」に観客が入らずサクラである番組ADの前で漫才をやり続けたと告白

2020年12月30日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、『ガチンコ漫才道』で優勝するも賞品の「10日間単独ライブ」に観客が入らずサクラである番組ADの前で漫才をやり続けたと告白していた。

山里亮太:「ああいうテレビ(ガチンコ漫才道)で、優勝したからって、別に優遇しないから」って、その時の社員に言われたもん。

津田篤宏:嫌われててん、だから。

山里亮太:めちゃくちゃ嫌われてた。

ユースケ:そうなんや。

津田篤宏:それ、誰?…あ、名前言うたらアカンか(笑)

久保田かずのぶ:誰が?誰?

山里亮太:お前、掘ってくんな、この道。

ネゴシックス:base?baseの時?

山里亮太:すげぇな、クソインタビュアー(笑)やっぱ、掘ってくんのってさ、久保田とつーちゃんとネゴなんだね(笑)

津田篤宏:はっはっはっ(笑)

山里亮太:大人は掘ってこないもん(笑)その時の支配人よ。

ネゴシックス:なるほどね。

山里亮太:ガチンコ漫才道ね、優勝賞品が単独ライブって。

ネゴシックス:30日間ね。

山里亮太:10日間、10日間。お客さんがずっとADさんだったっていう。

津田篤宏:はっはっはっ(笑)

山里亮太:ADさんが疲れて寝てる中で漫才やって、吉本の偉いさんが「箔をつけたるわ」って、中川家さん呼んでくれたの。

津田篤宏:おお。

山里亮太:すげぇ中川家さんが辛そうにやってたの覚えてる。



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事