かまいたち山内、マヂカルラブリーはM-1グランプリ2020で「自分たちの空気にできた。そこが優勝に値する部分」だと語る「初登場の人が電車でガタンガタンしても笑わない」

2020年12月22日配信開始のYouTubeチャンネル『かまいたちチャンネル』の動画にて、お笑いコンビ・かまいたちの山内健司が、マヂカルラブリーはM-1グランプリ2020で、「自分たちの空気にできた。そこが優勝に値する部分」だと語っていた。

山内健司:あそこの4分間っていう中で、初登場の人が電車でガタンガタンしてるの、俺は笑わないと思うんですよ。

濱家隆一:うん。

山内健司:ただ、もう空気をマジカルさんが作って、野田さんの空気にしているからこそ、もうあれが面白くてしょうがないという状態になってるわけで。

濱家隆一:うん。

山内健司:それを他のコンビができなかった、自分たちの空気に。

濱家隆一:うん。

山内健司:マヂカルラブリーさんが、自分たちの空気にできたっていう、そこが優勝に値する部分なのかなぁと思いますし。

濱家隆一:うん。

山内健司:陣取り合戦じゃないですけど、去年の僕らのM-1で言ったら、1本目僕らがやった時に、他の方からも言われましたけど、優勝のフラグが立ってたと。

濱家隆一:うん。

山内健司:会場の優勝の陣地を、結構僕らがとれたと思うんですよ、1本目で。

濱家隆一:うん。

山内健司:こんだけ陣地とってたら、もういけるやろって俺は思ってたけど、ミルクがやった時に、その1回とった陣地を、ミルクがとり直していったんですよね。

濱家隆一:うん。

山内健司:そんなゲームあるよね…『スプラトゥーン』。M-1は『スプラトゥーン』みたいなもんですよ。相手の笑いを塗り替えて、塗り替えて、自分色にした人が優勝するんで。そういう意味においては、マヂカルラブリーさんが一番陣地をとって、一番マヂカルさんの色にしたなぁってことですよね。

濱家隆一:うん。

山内健司:だから、見取り図がめっちゃ惜しかったなぁって。

濱家隆一:うん。

山内健司:僕はマヂカルさんか見取り図かの二択になってたんですけど。

濱家隆一:うん。

山内健司:もう多分あと一歩、なんかあったら見取り図勝ててたぐらい、勝負は凄い揺蕩ってた感はあるなって思いましたけど。

濱家隆一:うん。



かまいたちチャンネル

本日の人気記事