三遊亭円楽、伊集院光との落語二人会は「来年、オリンピック前に」予定していると明かす「ジメジメ、梅雨時にやろうかな(笑)」

2020年12月14日放送のニッポン放送系のラジオ番組『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(毎週月-金 11:30-13:00)にて、落語家の三遊亭円楽が、伊集院光との落語二人会は「来年、オリンピック前に」予定していると明かしていた。

リスナーメール:伊集院光さんとは、どういう師弟関係ですか?落語会はやるんですか?

三遊亭円楽:アイツはニツ目までね、私のところにいて。

高田文夫:あ、ニツ目になってるのね。

三遊亭円楽:で、ウチの師匠が若竹閉める時に…

高田文夫:先代の円楽ね。

三遊亭円楽:うん。「全員、前座も何も真打ちにしちゃう」っていうの。乱暴な人だから。

高田文夫:うん、乱暴だった、あの円楽師匠はね。

三遊亭円楽:で、愛楽っていうのは、入門4年でもって真打ちになっちゃった。

高田文夫:うん、愛楽は早かったな(笑)

三遊亭円楽:早かった。で、伊集院も7年ぐらいいたのかな。

高田文夫:7年いた?長かったんだね、結構。

三遊亭円楽:それ言われて、ラジオもスッと入って。

高田文夫:そうだね、伊集院になってね。

三遊亭円楽:そっちの方に行きたいっていうんで、廃業って言うから、「廃業しなくていいよ」って。「休業でもなんでもいい、師弟関係はそのままだから」って、そう言ってる。

高田文夫:うん。そういう感じなんだ。よかったよね、残しといてくれるから。

三遊亭円楽:で、来年、オリンピック前にね、伊集院と二人会をやるから。

高田文夫:おっ、じゃあ春先の後だよね、夏の前ぐらいね。

三遊亭円楽:うん、ジメジメ、梅雨時にやろうかなって思って(笑)

高田文夫:アイツも汗びっしょりになるから(笑)

三遊亭円楽:ふふ(笑)



ビバリー昼ズ

本日の人気記事