伊集院光、PS5が品薄で転売価格が高騰していることにより量産体制が整った後に「値下げした感じになってみんな買う」ことでメーカーも得をするのではと指摘

2020年11月16日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、PlayStation5が品薄で転売価格が高騰していることにより、量産体制が整った後に「値下げした感じになってみんな買う」ことでメーカーも得をするのではと指摘していた。

伊集院光:売買をさせるサイトみたいなところが、取り締まられないと、何か取り締まる法律ができたりしない限りは、ずっとこの地獄絵図のような、「PS5は10万円です」みたいな。

それでいて、本当は5万円なんだけど、5万円で買ったお金のない人が、10万円で売るを繰り返していって。なんだか分からないっていう。で、また売ってる側も、これこなれてくると、得するって思ってんじゃないかなぁ。

これちょっと、穿った見方かもしれないけど、一旦、5万円って言ってたものが10万円ついて流通しちゃうわけじゃない。

で、その10万円値段ついたものを、量産体制整えると、何か値下げした感じになってみんな買うわけじゃんか。品薄商法、品薄の間に…この品薄を狙ってるかどうかは別だけど、結果的に10万円今、しちゃってることは、後で損して得とれみたいな感じになってくんじゃねぇの、みたいな感じがして。

発売前から言ってますけど、なんか納得のいかない感じで。



伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の人気記事