山里亮太、ラランド・ニシダが『東大王』の収録で失敗した時に「尊敬する山里さんの前だと緊張しちゃって…」と言い訳したことに怒り「タチが悪い」

2020年11月11日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、ラランド・ニシダが『東大王』の収録で失敗した時に「尊敬する山里さんの前だと緊張しちゃって…」と言い訳したことに「タチが悪い」などと語っていた。

山里亮太:ラランドのニシダが、タチが悪い。アイツは、俺のことを「尊敬してる」っていう盾を使って、自分が仕事でミスした時にそれを使って逃げるんだよ。

この前、『東大王』にラランドが来てね。「緊張してるんです」っていうくだりがあって。「え?なんで?」って言ったから、まさかそこら辺こないだろうなぁって思ったら、アイツ本当に、ヒロミさん横にいてね、そうそうたる芸能人がいる中でね、「本当に心から山里さんを尊敬してて、山里さんの前だと、パフォーマンスが落ちるんですよね、緊張しすぎちゃって」って。ズルいじゃん、なんかそれ。

でさ、「あ、そうなの?」ってみんなも言ってくれるじゃん。そしたら、「山里のどういうところ尊敬してるの?」って言ったら、一つも出ねぇの、アイツ。一つもよ。

出ないっていうボケじゃなくて、シンプル出ないのよ。「え?聞きます?それ」みたいな空気出しやがって。で、そういう山里関係の時はそんな感じなのに、個人で戦う時は美味しい感じで面白くやっちゃってさ。

ちゃんとできた時は俺のこと言わないで、できなかった時だけ、「なんか山里さんの前だと萎縮しちゃうな」っていう。恐ろしいですよ、本当。ラランドのニシダ。

でも、ラランドやっぱスター性があったな。特にサーヤちゃんが凄かった。



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事