山里亮太、しずちゃんが大ファンである銀杏BOYZ峯田和伸の前で喋れなかったことを叱ったところ自分も伊集院光の前でそうなっていたと反省

2020年11月4日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、しずちゃんが大ファンである銀杏BOYZ峯田和伸の前で喋れなかったことを叱ったところ自分も伊集院光の前でそうなっていたと反省していた。

山里亮太:相方もやっぱ、先輩の威厳みたいなのがあるんだって思ったのが、グッドウォーキンの上田君にさ、「なんか、二択全部間違った感じ」っていう(笑)

それってさ、めちゃくちゃ喋った人間が好きすぎて、ライブの良い方ばっかり言っちゃって、芸人としての本分を忘れた、みたいな感じだけど、(銀杏BOYZ峯田和伸の前で)ずっともじもじした人間が「二択間違った感じ」って、すげぇ調子乗ってたからさ(笑)

あれを後輩が見て、どう思ったのかなって思うと、ニヤニヤが止まらないよね。あるんだな、そういう芸人としてのプライドみたいな。

それぐらいになれる人がいるっていいよね。なんかこう、仕事忘れるぐらい、キュンってときめいちゃう人がいるって。

本当にそれでさ、ずっと言ってたじゃない、おしずにさ。「なんだ、プロとして」って。いくら好きな人がいるからって、そんなんなって、萎縮して。「あの…」なんて。それおかしいぞって言ってたじゃない。

その直後、伊集院さんの前で、俺がそうなってたっていうね(笑)「凄いご飯食べるんですね…はい、はい。いや、全然。パオーンとかじゃないですもんね、すみません、はい…好きです」って。

南海キャンディーズ、終わりだもう。



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事