山里亮太、田中みな実が『プロフェッショナル 仕事の流儀』で「今スッピンの必要があるのか?」というタイミングでスッピンになって語っていたと指摘

2020年10月28日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、田中みな実が『プロフェッショナル 仕事の流儀』で「今スッピンの必要があるのか?」というタイミングでスッピンになって語っていたと指摘していた。

山里亮太:昨日、放送してたのかな。あれ、みんな見たかね?NHKさんでね、『プロフェッショナル 仕事の流儀』よ、放送されてたの。

で、あれそれぞれプロフェッショナル呼んで、自分の仕事に対する思いとか、ドキュメンタリーで追っかけてくんだよね。カッコイイのよ、とにかく撮り方が。で、その主人公が昨日なんと、ついにここまでも上り詰められましたね、田中みな実先生ですよ。これは見なきゃいけないと思って、見たんですけども、凄かったわ、なんか。

田中みな実先生の、多分今の全部を引き出してる感じ。「あ、そこの扉も開けちゃうんだ。そしてそれをあけすけに言っちゃうんだ。もしくは、なんか全部開いて言っちゃってる私を見せてる」っていう、もう一歩、高度な技かもしれないけど。

でも、なんかこうスッピンでね…まぁ、「今スッピンの必要があるのか?」っていうタイミングでスッピンで語ってるシーンとかあったりとか。

ポーンって鳴った後、色々語るのよ。「私なんか旬のもんですから」みたいな。「客寄せパンダですから」みたいな自虐的なことを言って。

でも、そんなこと言って、「全然私なんか、ドラマに必要とされてません、旬のものです」なんて言うわりに、監督とやりあっちゃうみたいなシーンとかあったりして。

ベテラン俳優さんが、「いや、天才だね」なんて言って。「いや、そんなことないですよ」みたいなことを言ったりするシーンがあって。その後も、また熱く語ったりとかして。



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事