山里亮太、答えづらい吉本興業のお家騒動についてのインタビューに答えたいと思った理由「告知イベントにもよく来てくれる記者さんで…」

2019年7月30日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、南海キャンディーズの山里亮太が、答えづらい吉本興業のお家騒動についてのインタビューに答えたいと思った理由を明かしていた。

山里亮太:弊社が大変過ぎて、もう何もよく分からなくなってる、結局、何がどうなってんのかって。

赤江珠緒:そうよ。でさ、その時にさ…これ、一個だけ言っていい?

山里亮太:うん。

赤江珠緒:もうほじくり返したくはないんですけど。

山里亮太:うん。

赤江珠緒:山里さんが、「今、吉本の芸人さんは公の場に出た時に、どうしても『一言、なにか』とか、意見を求められるから。でも、なかなか言えないし、そういう時の対処方法を知ってるんだ」って。

山里亮太:うん。

赤江珠緒:先週かなんかの時、コマーシャルの間に私と話をしてて。

山里亮太:うん。

赤江珠緒:「それ、聞くと思ってたよ」って、笑いながらかわすのがいいって言ってたじゃない?

山里亮太:そう、そう。

赤江珠緒:でもさ、かわせてなかったよね?山里さん(笑)

山里亮太:俺?そう。

赤江珠緒:イベントの時にさ、山ちゃんそれ言ってて。でも、あれは言いながら立ち去る場面じゃないとかわせずに、山ちゃんそのまま登壇した状態だったから(笑)

山里亮太:あのね、違うのよ。俺はいつも言ってんの。「またそんなこと言っちゃって」って言いながら避けるっていうのを思ってたんだけど。

赤江珠緒:うん。

山里亮太:でも、それを言おうと思ってね。でも、入り口はそうじゃない、必ず。で、行こうとしたんだけど、いつも自分の小さい本の告知とか、出版イベントなんかでよく来てくれるおじちゃんとおばちゃんがね、凄い一生懸命、背筋をビンビンに伸ばしながらマイクを俺の方に向けてる姿を見たら、「これ、無視したら…」って。

赤江珠緒:ああ。

山里亮太:いつもね、「山ちゃん、どうなんですか?熱愛は」「いやぁ、ないですよ」「また、山ちゃん私達にも噂届いてないですよ」なんて言ってくれてたおっちゃんとかがさ、せっかくこっちに来てくれて、むちゃくちゃ手を伸ばしてるから、「これはなんか言わなきゃな」って。

赤江珠緒:ああ、そうだったんだ。



たまむすび

本日の人気記事