加藤浩次、肺炎で入院中に心配したフリをして情報を聞き出そうとしてきた人の存在に「本当に人間ってさ、怖ぇなぁって思うわぁ」

2020年10月22日放送のMBSラジオ系のラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週月-木 22:00-23:30)にて、お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次が、肺炎で入院中に心配したフリをして情報を聞き出そうとしてきた人の存在に「本当に人間ってさ、怖ぇなぁって思うわぁ」と思ったと語っていた。

加藤浩次:(心配したフリをして情報を聞き出そうとしている人には)返信しないっていう。で、何時間か経って、1日ぐらい経ってから返すわ。

山本圭壱:気分が乗ってる時にね。

加藤浩次:一応、返しておこうか、みたいな。それは色んな人もいるしね。

山本圭壱:うん。

加藤浩次:でも、心配してくれる人の文面って分かるじゃん。

山本圭壱:うん、分かりますね。

加藤浩次:そういう方にはね、俺、すぐ全部返してる。

山本圭壱:はっはっはっ(笑)

加藤浩次:熱が39℃あったとしても。

山本圭壱:うん、うん。

加藤浩次:これ、だから本当に人間ってさ、怖ぇなぁって思うわぁ。

山本圭壱:ああ、まぁね。

加藤浩次:ヤな感じだよなぁ。



アッパレやってまーす

本日の人気記事