東野幸治、シソンヌ長谷川の『フォートナイト』ゲーム実況番組が「生配信の前日に」終了を伝えられたことに驚き「いや、厳しい世界ですよ」

2020年10月18日配信開始となったYouTube動画『東野幸治の幻ラジオ』第77回にて、お笑い芸人・東野幸治が、シソンヌ・長谷川忍の『フォートナイト』ゲーム実況番組が「生配信の前日に」終了を伝えられたことに驚いたと語っていた。

東野幸治:前回、『フォートナイト』っていうゲームを、僕と、品川君とロバートの山本博、そしてシソンヌの長谷川4人で、初めてやったんです。

で、その『フォートナイト』っていうて、戦うゲームで。4人チームになって戦っていこう、最後まで残ろうということで、やるんですけど。僕、初めてだったんで、品川君とか、なんだったら、シソンヌの長谷川君が『フォートナイト』っていう、特化したミルダムで番組やってたりとかしたから、教えてもらいながらやったんですよ。

で、何がビックリしたかって、まぁネット番組、ネット配信、テレビからみんなネットで自由にやってるって言いますけど、厳しいですね。

ミルダム始めて3ヶ月くらいですかね、シソンヌの長谷川君が『フォートナイト』で、毎週、毎週やってたんですけど。終わっちゃったんですって。

本人に聞いて俺もビックリしたんですけど、テレビ番組って、レギュラー番組が大体終了って、3月いっぱいとか、9月いっぱいで終了して、4月とか10月から始まるんですよ。

なんとなくそれも、2ヶ月前ぐらいにスタッフさんとか、吉本から「実はこの番組、3月いっぱいで終わります」とか。「8月いっぱいで終わります」って言われて。「ああ、ああ、OK、OK」みたいな軽く言って、心の中ではドキドキしてるっていう。これ、あるあるなんですよ。

でも、長谷川がやってた『フォートナイト』のチャンネル、生配信する前の日に吉本から、「終わりました」って言われたんですって。こんな厳しい…ミルダムさん、こんな厳しいんだ。

理由聞いたら、「再生回数が少なかった」って。本人に聞いたら、「主に見てんの5人ぐらいやった」っていうから、それは終わって当然やろって(笑)

吉本がミルダムとタッグ組んで、帯でその番組やってる。それはクビになる。でも、長谷川君自身が、ミルダムで生配信するのはOKですよ、勝手に家でやってください、もう吉本は場所も提供しません。スタッフも提供しませんっていう。

いや、厳しい世界ですよ。



東野幸治の幻ラジオ

本日の人気記事