ケンドーコバヤシ、安全性無視のロケ企画で「マジで死にかけた」経験を語る「目の前で、スクリューが回ってた」

2020年10月14日放送のMBSラジオ系のラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週月-木 22:00-23:30)にて、お笑い芸人・ケンドーコバヤシが、安全性無視のロケ企画で「マジで死にかけた」経験を語っていた。

ケンドーコバヤシ:凄かったよ、昔の関西ローカル。今思ったら、とんでもないことやってるもんね。

山根良顕:へぇ。

ケンドーコバヤシ:船vs芸人で綱引きするっていう。

田中卓志:危ねぇ(笑)船?

ケンドーコバヤシ:船と芸人10人で綱引きして、どっちが勝つかスタジオでクイズですって言うて。まぁ、面白いねんけど。

山根良顕:ああ。

ケンドーコバヤシ:「じゃあ、それでは正解、生中継でやってみましょう」ってやったら、0.4秒ぐらいで全員海の中に引きずり込まれてて(笑)

田中卓志:はっはっはっ(笑)

ケンドーコバヤシ:それはそうやねんけど、真冬の海に(笑)マジで死にかけたもんね。

山根良顕:へぇ。

ケンドーコバヤシ:安全性なんか昔なんか、何も考慮せぇへんかったから。ドボドボドボって水の中に入って、パッと水の中で一瞬目を開けたら、目の前スクリュー回ってたから。

山根良顕:怖っ!

柏木由紀:ああ…

ケンドーコバヤシ:危ないよ。そんなんばっかりやってたよ。



アッパレやってまーす

本日の人気記事