オードリー若林、『人志松本のすべらない話』初出演の時にトップバッターでサイコロの目が出るも「編集で7番目ぐらいになってた」と告白

2020年10月13日放送のテレビ東京系列の番組『あちこちオードリー』にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、『人志松本のすべらない話』初出演の時にトップバッターでサイコロの目が出るも「編集で7番目ぐらいになってた」と告白していた。

若林正恭:俺も『すべらない話』が一番緊張したもんな。

屋敷裕政:ああ、はいはい。

若林正恭:人生で。そういう時に限って、サイコロ一番目が出るの。

屋敷裕政:ふふ(笑)

若林正恭:俺ぐらいじゃないかな。一番目が出て、「○○が一番か」って、結構、撮れ高のところじゃん。

屋敷裕政:はい。

若林正恭:俺だけじゃない?一番出て、喋って後ろに回されたの。

屋敷裕政:ふふ(笑)うわぁ(笑)

春日俊彰:あ、そうなの?オンエア上は?

若林正恭:うん、7番目ぐらいになってた、編集で。

屋敷裕政:いっぱい、色々経てるんですね、オードリーさんもやっぱ。

若林正恭:失敗し倒してるよね、それこそ。

嶋佐和也:『すべらない話』なんて決まったら、俺、もう収録前に車当たりに行きますもん。

若林正恭:ふふ(笑)

嶋佐和也:「すみません、折れちゃいました」って(笑)



あちこちオードリー

本日の人気記事