かまいたち山内、GAGのキングオブコント2020での敗因は「出ハケを多用するネタ」だったことであると分析「出ハケを多用するネタは、テンポが出ない」

2020年9月29日配信開始のYouTubeチャンネル『かまいたちチャンネル』の動画にて、お笑いコンビ・かまいたちの山内健司が、GAGのキングオブコント2020での敗因は「出ハケを多用するネタ」だったことであると分析していた。

山内健司:最初、めちゃくちゃいいウケ方したんですよ。中島美嘉さんっていう。

濱家隆一:うん。

山内健司:「わぁ、中島美嘉さんだ」で、坂本のあの細い。…めっちゃいい入り方、いいウケ方したなっていう。

濱家隆一:うん。

山内健司:本筋まだ入ってないのに、見た目と中島美嘉さんっていうチョイスだけでウケてるから。

濱家隆一:アドバンテージ、グッとできたよね。

山内健司:「おっ」って感じやったんですけど、そこからが伸びなかったなぁっていう。

濱家隆一:うん。

山内健司:で、これ僕のキングオブコント分析なんですけど、4分、5分っていう、言っても短期決戦の勝負じゃないですか、ネタ尺が。

濱家隆一:はい。

山内健司:そこで出ハケを多用するネタは、テンポが出ない。

濱家隆一:なるほど。

山内健司:ボケとボケの感覚がどうしても空いちゃうのよ。だから、東京03さんが優勝された時のネタで、旅行に行って、旅行の初日で告白失敗して喧嘩があったやんか。

濱家隆一:うん。

山内健司:あの時に一回、飯塚さんはけんねんけど。その間、ここでやりとりしてても盛り上がってんのよ。

濱家隆一:うん。

山内健司:さらに戻ってきたところで、ここのやりとりにプラスのスパイス的な感じで…

濱家隆一:全て計算されてて、ハマるっていう。

山内健司:そう。そこまでいかないと、出ハケ使うっていうのはあまりプラスにならないなっていう。

濱家隆一:一撃の期待度が上がってしまうからね。

山内健司:そう。はけて、また出てくる時に、次どんなことしてくれんねんって、無駄にハードルが上がっちゃう。で、入れ変わるコントやったから、「誰と入れ変わるんやろう?」とかも、みんな多分思っちゃってる部分やから、入れ変わる以外のとか、何か違う、みんなが想像しない方の一展開でいかないと、みんなになんか読まれすぎたなっていう感覚が僕はしたんで。

濱家隆一:うん。

山内健司:福井に後でボロカス言うてやろうと思ってます。

濱家隆一:言うなよ、傷ついてんねんから。

山内健司:ふふ(笑)



かまいたちチャンネル

本日の人気記事