伊集院光、Creepy NutsのR指定・DJ松永がバラエティ番組の企画に乗りながらも「本職の凄みを見せてくるのがカッコイイ」と賞賛

2020年9月28日放送のTBSラジオ系の番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、同局の番組『ACTION』が放送終了したことに「終わっちゃったことに、色々言いたいけども…」と賞賛していた。

伊集院光:恐らくですけど、ヒップホップの人がテレビとかバラエティーとかに参加する時にも、こういうことを言われるんだと思うんですよ。

「ヒップホップとは」「ラッパーとは」みたいなことを言われると思うんですけども、彼とかは凄いな、と。何度か見たことあるのは、お笑いとコラボした上で、で、その代わり圧倒的な本職の強みみたいなのを見せてくるっていう。

ちょっとふざけた企画にも出てくるんだけれども。たとえば、かが屋の彼(賀屋壮也)がちょっと顔、(R指定に)似てんだよね。で、そのかが屋の彼とご本人登場みたいなのをやった時に、本職の凄みを見せてくる、みたいのが俺の中ではむしろカッコイイなと思って。

逆に言うと、もっと暴力的でテレビなんかに迎合しないのがヒップホッパー、ラッパーだっていうタイプの人も恐らくファンの人にいるじゃないですか。



伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の人気記事