東野幸治、今田耕司とのラジオ番組で「今やったら絶対考えられない」ことをしていたと反省「どうかしてた、あの時俺は」

2020年9月16日配信開始となったYouTube動画『東野幸治の幻ラジオ』第68回にて、お笑い芸人・東野幸治が、今田耕司とのラジオ番組『Come on FUNKY Lips!』で、「今やったら絶対考えられない」ことをしていたと反省していた。

東野幸治:昔、今田耕司さんと『Come on FUNKY Lips!』っていう文化放送のラジオ番組したことあるんですよ。

あの時は、僕、ラジオのレギュラーを6本ぐらいやってる最後の方で、そこからテレビに移行する時だったんですよ。だから、気持ちとしてはラジオ番組やりたいより、テレビ番組やりたいの方が強かったから。

もちろん、楽しいし嬉しいけども、2時間の生放送で、今やったら絶対考えられないんですけど、ラスト30分、副交感神経が交感神経を上回るように、興奮しないようなトークを心がけて、次の日早いから、夜中2時半から3時の30分、フェードアウトで小声でラジオして、家帰ってすぐ布団に入って寝れるようなトークを心がけてたんです。

これ、絶対若手は真似しちゃダメ。こんなこと、考えられへん。みんな死ぬ気でラジオやってるし、ラジオ番組やりたいって人、いっぱいいてんねんから。

空気階段の水川かな、メガネかけた子。あの子なんか、ラジオ好きすぎて、爆笑問題さんのラジオが好きすぎて、爆笑問題さんのラジオゲストで行った時、ずーっと勃起してたんですから。

そんなんしないですよ、ラスト30分フェードアウトなんて。どうかしてた、あの時俺は。はがきもちゃんと読まなアカンのに。



東野幸治の幻ラジオ

本日の人気記事