伊集院光、爆笑問題・太田が書いたエッセイ「夢」を読んで「自分もエッセイを書きたいと思った」と告白「そのエッセイがあまりに良くて」

2020年9月14日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、爆笑問題・太田光が書いたエッセイ「夢」を読んで「自分もエッセイを書きたいと思った」と告白していた。

伊集院光:あのニ人の関係性っていうのは、それこそ『カーボーイ』とか聴いてる人は分かると思いますけども、すげぇじゃん、あの関係性って。

俺ね、思い出すのがね、何年ぐらい前だろう。太田さんがエッセイ集を出して、それを読んだ時に、奥さんに関するエッセイで。

俺、正直そのエッセイがあまりに良くて、自分もエッセイ書きたいと思って、後にエッセイを書き出すぐらい印象に残ってるエッセイがあって。

俺、太田さんのカミさんのことをあんまりよく知らない頃で。そのエッセイ、タイトルが「夢」っていうタイトルで。『天下御免の向こう見ず』っていうエッセイ集の中の、「夢」っていうタイトルのエッセイがあって。

天下御免の向こう見ず[太田光]

それが、「ウチのカミさんは勝手に夢を見て、夢の中で俺が浮気をしたって言って、急に怒ることがあるんだ」って書き出しなわけ。で、その後何だったっけな、「この間もそんな調子だった」っつって。

「彼女の言い分としては、日頃、自分を深層心理でそんな不安な気持ちにさせるような行動をするあなたが悪いんだ」っていうのが、彼女の言い分だって書いてあるわけ。

で、この間もそうだっつって。朝起きたら怒ってて、「女と会ってた」っつって。で、よくよく聞いてみると…この先はもう謎の文章なんだけど。太田さんが記憶喪失になって、1週間ぐらい家に帰ってこなくて。で、その間に助けられた女と浮気して、みたいな話がずーっと書いてあるのね。

そのまますーっと終わっていく話なんだけど。俺、なんかその凄い愛情あふれる夫婦の…ようするに、自分が浮気してる夢を見ちゃったのを、「あなたが私をいつもそうやって不安にさせるから私をこういう夢を見てるんだから、あなたが悪いんだからね」って言って。「まぁそういうこともあるか、ごめんな」っていう関係性の話なのだと思って、俺は読んでたの。

多分、違うね(笑)多分、全然違うよね。

伊集院光、爆笑問題・太田が「CM中に奥さんの悪口を言っていた」とギャグで言ったところ「本当に帰ってから、たっぷり怒られたらしい(笑)」と明かす

なんか分かんないけど、メーター振り切るぐらい愛してくれている奥さんに対して、「じゃあ、ここは俺が悪いことにしておこう」みたいな、そういうふうに俺は読んでたんだ。だけど、うーん…もっとどうかしてるやつだと思うのね(笑)

もっと本気と怯え(笑)本気の奥さんと怯える太田さんの構図だと思うんだよね。



伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の人気記事