加藤浩次、おぎやはぎ矢作が芸人になりたての頃にナベプロのネタ見せで酷評されて落ち込んでいたところ「人力舎に行け」とアドバイスしたと明かす

2020年9月9日放送のニッポン放送系のラジオ番組『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』(毎週水 27:00-28:30)にて、お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次が、おぎやはぎ・矢作兼が芸人になりたての頃、ワタナベエンターテインメントのネタ見せで酷評されて落ち込んでいたところ、「人力舎に行け」とアドバイスしたと明かしていた。

加藤浩次:最初、おぎやはぎが芸人になる、二人でやるってなった時に、名前は控えた方がいいのかも分からないけど、大手の事務所(ワタナベエンターテインメント)のネタ見せ行ったの。

加藤浩次、おぎやはぎ矢作が人力舎に所属することとなった理由を明かす「人力舎のネタ見せでベタ褒めされた」

佐久間宣行:はい。

加藤浩次:その時はね、まだ俺はバイトしてる時で。中目の飲み屋でバイトしてて。

佐久間宣行:はい、はい。

加藤浩次:で、矢作が夜に来て。「ネタ見せ行ってきました」って。「どうだった?」って言ったら、「ボロクソ言われましたよ。全然面白くないって」と。

佐久間宣行:うん。

加藤浩次:「いいよ、お前。そんな大手の事務所なんかよりよ、東京なんだから人力舎行け」って。

佐久間宣行:え?人力舎も加藤さんが言ったんですか?(笑)

加藤浩次:そう。「人力舎行ってみ」って。

佐久間宣行:ふふ(笑)

加藤浩次:「はい、行ってみます」って。で、2~3週間後にまた来て、「同じネタやったんですけど、めちゃめちゃ褒められました。人力舎にします」って(笑)

佐久間宣行:はっはっはっ(笑)ああ、それもいい話ですね。

加藤浩次:やっぱり事務所のカラーみたいなものもあるし。

佐久間宣行:ああ。

加藤浩次:人力舎は、単純に見たことのないあのスタイルが、面白いと思ったんだろうね。

佐久間宣行:うん、面白いと思ったってことですね、型にはめようと思わなかったってことですね。

加藤浩次:うん。それでもう、人力舎に入って。入ってよかったよね。

佐久間宣行:本当ですよ。

加藤浩次:吉本だったら全然違うじゃない。矢作らとか、前にガンガン出るタイプでもないし、そこだと違うなって話で。人生って面白いよね。



佐久間宣行のANN0

本日の人気記事