爆笑問題・太田、吉本興業・岡本社長は宮迫博之・田村亮の口を封じようとして「芸人のプライドを傷つけた」と指摘「芸人を黙らせようとしちゃダメ」

2019年7月23日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、吉本興業・岡本社長は宮迫博之・田村亮の口を封じようとして「芸人のプライドを傷つけた」と指摘していた。

太田光:芸人っていうのはさ、もう怖いね。

田中裕二:ん?

太田光:そういう、もうなんていうの…『サンジャポ』でも言ったけど、芸人を黙らせようとしちゃダメだよな。

田中裕二:ああ、そうね。なるほどね。

太田光:これはね、宮迫にしても、亮にしてもね、やっぱり昨日、岡本社長がやってたけどもね、ボロボロになっちゃってたじゃん。そりゃそうだよ。だって、芸人の喋りにはね…アイツらにとってはエピソードトークだから。

田中裕二:まぁ、そうだよね。

太田光:あれ、毎日やってることなんだよ。

田中裕二:そうなんだよ。

太田光:アイツらは。で、テープがあろうがなかろうがね、話せちゃうんだよな。しかもちょっと盛るんだよ。

田中裕二:はっはっはっ(笑)

太田光:これがね、これが芸人のイヤらしさなんだよ。

田中裕二:はっはっはっ(笑)

太田光:でも、芸人のプライドっていうのは、そこにあってね。実はね、芸人をQ&Aとか台本で喋らせようとしたらね、それは芸人のプライドを傷つけちゃうんだよ。

田中裕二:うん。

太田光:そうするとね、もう反逆しちゃうんだよな。もう全勢力をトークに注ぎ込んじゃうもんだからね、もう妙なリアリティが出ちゃって。

田中裕二:宮迫の「テープ回してへんやろうな?」の、あの辺のくだりの芝居がね。

太田光:いや、上手い。

田中裕二:上手かったね、宮迫の。

太田光:見事だよ、芝居が。芝居が上手いよ、アイツは。

田中裕二:再現ね(笑)再現だけど、上手いのよ。また関西弁がね、上手い。まぁ、そりゃそうなんだけど(笑)関西弁、上手いなぁ(笑)

太田光:「亮、一人でやってもエエで。そのかわりな、連帯責任で全員クビや」って。この脅し文句。

田中裕二:関西弁がいいんだ。



爆笑問題カーボーイ

本日の人気記事