能町みね子、式秀部屋の問題視されている行き過ぎた「おかみさんによる指導」に相撲協会は「おかみさんが暴走しちゃった場合の対処を何も考えていない」と指摘

2020年8月15日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『土曜ワイドラジオTOKYOナイツのちゃきちゃき大放送』(毎週土曜日9:00-13:00)にて、エッセイスト・能町みね子が、式秀部屋の問題視されている行き過ぎた「おかみさんによる指導」に相撲協会は「おかみさんが暴走しちゃった場合の対処を何も考えていない」と指摘していた。

能町みね子:今回、親方の体調が悪くなって、稽古とか見れなかったらしいんですね。で、女将さんは女将さんで、結構出てくる人だっていうのは前から知ってて。で、ちょっと張り切っちゃったんでしょうね。親方が世話できないなら、私が何かやるって思って張り切ったのはいいんですけど。

出水麻衣:うん。

能町みね子:ブログとかツイッター、女将さんが残してるので見ると、今、たしかにコロナの件で相撲協会、みんなピリピリはしてるんですけど、そのピリピリの方向性が違うっていうか(笑)

塙宣之:ふふ(笑)

能町みね子:どこまで本当か分からないんですけど、石田純一さんが罹ったじゃないですか。

土屋伸之:はい、はい。

能町みね子:で、石田純一さんが裸足で靴穿いてるの有名じゃないですか。「ああいうのがよくないんだ」って、お相撲さんに靴下履かせたりとか(笑)

土屋伸之:え?

能町みね子:そういうなんか、どこまで本気でやってんのかなって、ちょっと変な方向に走り出してる対策をたくさんとってて。

土屋伸之:はい、はい。

能町みね子:暴力がどうとか、そういうことはなかったと思うんですけど。「この部屋では耐えられない」と力士が思っちゃったんだと思うんですよね。

出水麻衣:ああ。

能町みね子:なんですけど、基本的に相撲協会も、部屋そのものの指導に関してはなるべく口は出さないっていう方針なので。

塙宣之:なるほどね。

能町みね子:でも、親方がほとんど出られず、おかみさんが暴走しちゃった場合の対処とか、多分何も考えてないんですよ。

土屋伸之:そうね。

能町みね子:だから、こういった時にどうするかをもうちょっと考えておいた方がいいなぁって思うんですよね。

土屋伸之:だから、おかみさんには、なかなか協会から直接指導できないんですね?

能町みね子:基本、部外者なので、口は出さないのが普通なんですけど(笑)

土屋伸之:なるほどね。

能町みね子:親方が物凄い厳しいって時に、ちょっとした駆け込み寺っていうか、母親代わりみたいな感じでっていうのが理想的な関係性なんですけどね。

土屋伸之:色々と異例っていう。



ナイツのちゃきちゃき大放送

本日の人気記事