鬼越トマホーク坂井、タレントたちへの暴言で危険なラインを攻めながらも「放送されなきゃ意味がない」と認識はしていると告白「現場でウケてもしょうがない」

2020年8月14日配信開始となった「鬼越トマホーク喧嘩チャンネル」のYouTube動画にて、お笑いコンビ・鬼越トマホークの坂井良多が、タレントたちへの暴言で危険なラインを攻めながらも「放送されなきゃ意味がない」と認識はしていると告白していた。

金ちゃん:僕らは、放送できるだろうなっていうラインを攻めたんですけど、放送上はちょっとカットになっちゃいました。

坂井良多:カットになりました。

金ちゃん:これが3位だね。

鬼越トマホーク坂井、紗栄子に対して言い放って番組放送上カットとなった暴言を明かす「うるせぇなぁ…お前、色々ありすぎて触れづらいんだよ」

坂井良多:しょうがないね。我々もね、放送されなきゃしょうがないから、テレビの場合は。YouTubeとかだったら、平気でヤバイこと言いますけど。

金ちゃん:YouTubeはだって、俺らが権限を持ってるからね。

坂井良多:そうそう。地上波はCMとかそういうのも色々あるから。

金ちゃん:色んなことがあるから。

坂井良多:で、結局、地上波は我々もさ、本当に面白いことが放送されなかったりするのは、しょうがねぇと思っちゃってる。文化よ、日本の文化よ。

金ちゃん:色んな大人たちが絡んでるから、これはしょうがないです。

坂井良多:俺らもチキンなところはあるかもしれないけど、放送されなきゃ意味ないと思っちゃってるんだよね。最初はもう、カットされまくった時期あったじゃん。

金ちゃん:そう、そう。それは乗り越えて、結局、カットされちゃって、その現場でウケてもしょうがない。誰も見てないから。それ、現場の人しか知らないから。



鬼越トマホーク喧嘩チャンネル

本日の人気記事