オードリー若林、若手時代のバカリズムがネタ終わりのトークゾーンでスタッフのミスを指摘してMCが恐怖で固まっていたと明かす

2020年8月4日放送のテレビ東京系列の番組『あちこちオードリー』にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、若手時代のバカリズムがネタ終わりのトークゾーンでスタッフのミスを指摘してMCが恐怖で固まっていたと明かしていた。

若林正恭:バカリズムさんがまだコンビで。…で、尖ってるって感じじゃないんですよ。深々と貫いてる感じで。

バカリズム:ふふ(笑)そうですね(笑)

若林正恭:暗転が多分早かったんだよね、照明さんの。

春日俊彰:そうだね、ちょっとミスがあったんですよね。

若林正恭:うん。で、お客さん入ってて、ネタ終わりのトークがあるじゃないですか、MCの方との。

バカリズム:うん。

若林正恭:で、多分まだトリとかではなかったと思うんですけど、「どうでした?」みたいに訊かれた升野さんが、幕をちょっとめくって、照明さんに「もうちょっと後だって言いましたよね?」って。

飯塚悟志:怖っ!

若林正恭:「言いましたよね?」って確認して。で、「…あ、まぁ楽しくやらせてもらいました」って。

飯塚悟志:怖っ!

バカリズム:オチがね、そのせいでフワッとした感じになっちゃったんですよね。

若林正恭:なるほど、なるほど。

バカリズム:それが誰のせいなのかをちゃんとしたかったの。

若林正恭:はっはっはっ(笑)

飯塚悟志:怖いよ。

バカリズム:お客さんも、僕のセンスで僕のネタがそういうタイミングだと思っちゃうから。

若林正恭:はい、はい。

バカリズム:それは僕にとっても不名誉なことだから、ちゃんとしとこう、と。

若林正恭:ふふ(笑)

バカリズム:あれは僕のせいじゃないって(笑)

若林正恭:で、MCの方も固まってて(笑)それぐらい持ってなきゃダメなんだなぁって思って。

バカリズム:みんなそうだったからね。

飯塚悟志:いやいや特殊よ、あなたは(笑)



あちこちオードリー

本日の人気記事