加藤浩次、宮迫博之と田村亮の謝罪会見は「全てを正直に、包み隠さず言う強さが見えた」と語る「正直者が一番強い」

2019年7月20日放送のMBSラジオのラジオ番組『極楽とんぼ オレたちちょこっとやってまーす!』(毎週土 25:20-25:50)にて、お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次が、宮迫博之と田村亮の謝罪会見は「全てを正直に、包み隠さず言う強さが見えた」と語っていた。

加藤浩次:結局、切り捨てられるような状態になって、「やっぱり全部正直に言いたい」って言って、出てきたわけだもんね。

徳井健太:そうですね。背水の陣ですよね。

山本圭壱:だから、あれはどうなるんですかね。2日前かなんかに、ちょうど吉本興業の方から宮迫氏は契約解除します、会見は一切致しませんっていうのが2日前にリリースされたじゃないですか。

加藤浩次:うん。

山本圭壱:で、俺らも「あ、そうなんや」って言ったわずか2日後に。2人でね、今度はだから「契約解除だ」っていうことを踏まえて、もう吉本ではないという意味合いでやったっていうことですよね、だから今回は。

加藤浩次:当然、当然。契約解除になった人間としてやったっていうことだよね。

山本圭壱:うん。

加藤浩次:全く関与してないでしょ。

山本圭壱:うん。だから、関与してない、自分たちで探してFAXで色んな方々を呼んで、レポーターの方とかを呼んであそこでやったっていうことでしょ。

加藤浩次:うん。

山本圭壱:それに対して吉本は、どういうふうな…

加藤浩次:今のところはコメント出してないよね?

徳井健太:「公式な発表じゃないんで」みたいな感じでしたけどね。取り合ってない、みたいな。「どうなんですか?」「公式な記者会見じゃないんで」って。

加藤浩次:まだそんなこと言ってんの?

徳井健太:言ってましたけどね。

山本圭壱:それ、出てたよ。で、だから記者会見を行うというふうな、会場までは用意してたけど、その日に来なかったっていう言い方をしてたのかな。そう言うコメントを出してましたね。

加藤浩次:うん。

徳井健太:まぁまぁもう逃げれないですからね。会見をするんじゃないですか?さすがにこれはもう。これはもう無理ですよ。

加藤浩次:俺は考えるわ。

山本圭壱:松本さんもコメントされて。『ワイドナショー』どうなるかって。もう撮られてるのかな。それをどうするのか、みたいなことになってますね。

加藤浩次:そうなの?

山本圭壱:そういう動きになってるのか、みたいな。

加藤浩次:いやぁ…もうちょっとね。あれだけ、2時間以上、2時間40分ぐらい?

山本圭壱:そうですね。「5時になったら15分の休憩を入れます」みたいなことをアナウンスした時、ザワザワっとして。宮迫氏は「いえ、続けましょう」みたいな感じになってたからね。

加藤浩次:うん…これは語弊ある言い方かもしれないけど、全てを正直に、包み隠さず言う強さが凄い見えたの、俺。

山本圭壱:うん。

徳井健太:そうですね。

加藤浩次:その強さって、「あ、やっぱり人間って、常に正直じゃないと、強くないんだな」って。やっぱり、正直なもんが一番強いんだなっていうのを感じたなぁ、見てて。

山本圭壱:やっぱりよく言うじゃないですか。本当のことを、正直に言ってることは、5年経とうが、10年経とうが、ブレずに同じことを同じように言える、と。

加藤浩次:うん、うん。

山本圭壱:だけどやっぱり、嘘をついたりする者は、1年後、5年後、10年後に言ったことが「あ、やっぱりあの時の言葉は嘘だったんだ」っていうのが分かってしまうって言うじゃないですか。

加藤浩次:うん。

山本圭壱:だから今回、宮迫氏にしても、亮にしても、言ってることは「本当だな」って伝わり方はしましたね。

加藤浩次:なんかね…自分の生き方も考えさせられましたよ、あれを見て。

山本圭壱:うん。

徳井健太:そうですよね。辞める気で言ってますもんね。自分のいる会社に反旗を翻すようなことを言うったっって、もう辞めるつもりで全部やったってことですもんね。

加藤浩次:うん。2人は、反旗を翻すみたいな気持ちもそこまでないと思うよ。どっか純粋な部分で、「ここまで嘘ついて、色んな人に迷惑をかけてる。全部正直に言おう」って。

徳井健太:ああ。

加藤浩次:その中に、そういう話があるっていうことだよ。

徳井健太:うん。

加藤浩次:そこが、「おかしくないか?」とは思ってると思う。

徳井健太:おかしいですよね。非常におかしいですよね、そこは。



極楽とんぼ ちょこっとやってまーす

本日の人気記事