能町みね子、吉本興業と交渉決裂した末に退所した宮迫博之へ「ちゃんと吉本側とバチバチにやりあった方がいい」とアドバイス

2019年7月20日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『土曜ワイドラジオTOKYOナイツのちゃきちゃき大放送』(毎週土曜日9:00-13:00)にて、エッセイスト・タレントの能町みね子が、吉本興業と交渉決裂した末に退所した宮迫博之へ「ちゃんと吉本側とバチバチにやりあった方がいい」とアドバイスしていた。

能町みね子:今回、宮迫さんが辞めることになったというのも、スポーツ紙とかの報道によると、最初は会見するつもりだったらしいんです。

土屋伸之:昨日ですよね。

能町みね子:昨日までは。でも、宮迫さん側が弁護士を立てた、と。これは別におかしいことじゃないと思うんですよ。自分の権利を守らなきゃいけないし。

土屋伸之:うん。

能町みね子:そしたら、吉本側と意見が決裂して、吉本のセッティングによる会見をやるのでは、自分の意思が通らない可能性がある、ということで、急遽会見をやめて、もう「解除でいいです」って言ったっていう報道があったので。

土屋伸之:はい、はい。

能町みね子:私としては、これはバチバチにやりあって欲しいなって本当は思ってる。

土屋伸之:ああ。この報道は、吉本側から出た報道なんですかね?会見を開こうと思ったけども、そういう形でキャンセルになった、と。

能町みね子:その辺はですね、結構テレビ関係者とかなんとかって書いてあるので、真偽の程は分からないんですけど。

土屋伸之:そっか。

能町みね子:スポーツ紙に書いてある情報ではあるんですけど。

土屋伸之:なるほど。

能町みね子:なので、私としては、宮迫さん側にも色々言い分はあると思うので、ちゃんと吉本側とバチバチにやりあっちゃった方がいいんじゃないかっていうふうに思うんですよね。

土屋伸之:そっか、そこまでこじれてるんですかね、吉本側と。

能町みね子:こじれてるんだと思います。



ナイツのちゃきちゃき大放送

本日の人気記事