ハライチ澤部、岩井に自分の存在を「ギャラ半分あげて、ネタに付き合ってくれる人」扱いされて「泣きそうになった」と告白

2020年6月30日放送のテレビ東京系列の番組『あちこちオードリー』にて、お笑いコンビ・ハライチの澤部佑が、相方・岩井勇気に自分の存在を「ギャラ半分あげて、ネタに付き合ってくれる人」扱いされて「泣きそうになった」と告白していた。

岩井勇気:俺はもう、意識を変えることにしたんですよ。

若林正恭:自分のね。

岩井勇気:うん。俺はネタをやりたいから、俺の本当にやりたいことに、やりたいネタということに、ギャラを半分あげて来てもらってる人。

若林正恭:寂しいじゃない、岩井ちゃん(笑)

岩井勇気:うん。

澤部佑:これをこの間、言い出して、ラジオで急に。

春日俊彰:うん。

澤部佑:俺、もう本当に泣きそうになってきちゃって、途中で。

若林正恭:ふふ(笑)

澤部佑:なんとか頑張って返して喋ってたけど。

岩井勇気:いや、だからそうすれば俺は「ありがとう」って思うんですよ。

春日俊彰:そうか、そうか。

岩井勇気:「俺のやりたいことに付き合ってくれてありがとう」って澤部に俺は思うんです。

春日俊彰:うん。

若林正恭:そっちに持っていかないと収まらないもんね、延々になっちゃうから。



あちこちオードリー

本日の人気記事