山本彩、ロックフェスに出演する時は「アウェイ」であると感じると告白「元アイドルっていうのもありますし…」

2019年7月15日放送のMBSラジオ系のラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週月-木 22:00-23:30)にて、元NMB48の山本彩が、ロックフェスに出演する時は「アウェイ」であると感じると告白していた。

リスナーメール:フェスに参加するってどんな気持ちなんですか?自分のソロライブとはモチベーションが違うのですか?

山本彩:全然違いますよ。

有野晋哉:ケータリングや?ケータリング凄いもんね。

山本彩:それはそうですね。それは楽しみではありますけども。

鈴木拓:なんで有野さん知ってるんですか?

有野晋哉:俺、ミュージックシャンの知り合い多いから。

鈴木拓:ミュージシャンね(笑)

山本彩:ミュージックシャン(笑)

濱口優:何が違うの?

山本彩:アウェイですよね、言ってしまえば。

鈴木拓:え?さや姉でも?

山本彩:私なんか、もはや逆に。私こそ。

鈴木拓:もうアイドルじゃないから、メインじゃないですか。

山本彩:元アイドルっていうのもありますし。ずっと音楽されてきた方々の中ですし。色んなバンドさん、アーティストさんがいる中で歌うので、普段の自分のファンのいるライブとは違うので。

鈴木拓:へぇ。

山本彩:ビビリますね。

有野晋哉:ビビる?

山本彩:たまに、前後のバンドの方とかが、袖で見てたりするんですよ。

濱口優:ああ、なるほどね。でも、それはさや姉やってたら見るやろ。

山本彩:いや、それがもう怖い。

鈴木拓:どんな感じなのかなって。

山本彩:同業者に見られるのイヤじゃないですか。イヤですよね。

濱口優:ネタか。スベってたらイヤやな(笑)

鈴木拓:僕らがって言うのもあれですけど、吉本の舞台に立つような感じじゃないですかね。

山本彩:ああ、そうかもしれない。

鈴木拓:僕なんか特に、大阪の吉本、花月とかに出させてもらったら、もう全然違う感じじゃないですか。

山本彩:土地も違うし。

鈴木拓:「東京の奴が来て、どんなネタやるんだ?」って、袖では芸人さんが見てて。で、お客さんも全く全然、「東京のモンがどんなことで笑わせてくれんねや」みたいな。

濱口優:そんなピリピロしてるの?(笑)

鈴木拓:いや、分かんないですよ。

有野晋哉:大阪にわざわざ会社が呼ぶぐらいやから、「どんなもんなんや?」っていう。

山本彩:それに近いですよ。「どんなもんや?」っていうのが凄く分かります、見てて。

谷まりあ:緊張しそう。

山本彩:緊張します。



アッパレやってまーす

本日の人気記事

本日の人気記事