岡村隆史、松本人志も注目していた『ENGEIグランドスラム』でのソーシャルディスタンス漫才に「色々これからの大会も…」

2020年6月4日放送のニッポン放送系のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が、ダウンタウン・松本人志も注目していた『ENGEIグランドスラム』でのソーシャルディスタンス漫才について語っていた。

岡村隆史:松本さんが、ダウンタウンの松本さんが、『ENGEIグランドスラム』見てらっしゃったみたいで。

矢部浩之:うん。

岡村隆史:やっぱり演芸やから、気になりはったんでしょうね。

矢部浩之:ソーシャルディスタンス漫才。

岡村隆史:そう、どうやって撮るんかなぁっていう、色々これからの大会もそうでしょうけども、色んなこの…あるじゃないですか。コンテスト形式とかもありますけれども。

矢部浩之:そうね。

岡村隆史:そうなってきた時に、どうやってこの漫才、コント、どうやんのやろなぁってことやろと思うんですけれども。

矢部浩之:うん。

岡村隆史:コントなんかもホンマ、上手でしたよね、この距離ちゃんとしっかり。

矢部浩之:そうね、考えて。

岡村隆史:考えて、そうやって設定、ちゃんと設定つけたりとか。あと、コンビやったらいいじゃないですか。コンビやったらいいですけど、トリオってなってくると、ポジショニングちゃんとしっかりとって。

矢部浩之:そうね。

岡村隆史:やっぱもう凄いねんなぁと思って。

矢部浩之:上手いね。東京03とか上手かったよね、やまびこを。

岡村隆史:そう。

矢部浩之:たとえばツバが出ても、誰にもかからない方向に(笑)

岡村隆史:そう(笑)

矢部浩之:ちゃんと、やまびこを設定で入れてきたりね(笑)

岡村隆史:ちゃんと設定してあって、ビックリしたんですけども。

矢部浩之:うん。

岡村隆史:漫才は漫才で、言ってもそのセンターマイク2本ということなんですよね。

矢部浩之:一番辛いよね。

岡村隆史:松本さんも言うてはったけど、ちょっとズレるっていうか。

矢部浩之:絶対ズレるね。

岡村隆史:俺なんかもう長いこと漫才やってないから、そんなん全く分からへんねんけども。やっぱりそうやって見る人が見たら、やっぱりちょっとこうズレてるところがあんねんな。

矢部浩之:うん。

岡村隆史:だから、凄い爆笑さんが気にしてはったんも、多分そういうところで。

矢部浩之:ツッコむ時とか、腕払う時もあるし。

岡村隆史:うん、そう。

矢部浩之:それがでけへんからね。

岡村隆史:そうなのよね。

矢部浩之:それでボケの人もリズムになってね、漫才は成立すんねんけど、それがないから。

岡村隆史:ベテランになっていけばなっていくほど、ツッコミでポーンと1個、ヒジとかでポンってリズム作ってブワーっとこう喋り出したりとかそういうことがあるから。

矢部浩之:うん。

岡村隆史:なかなか難しいところもあったんでしょうけども。



ナイナイのANN

本日の人気記事