安住紳一郎、『音楽の日2019』滝沢歌舞伎で「500 kgの紙吹雪」を6分半で片付けた美術スタッフに驚く「桜エビ漁みたいになってました」

2019年7月14日放送のTBS系のラジオ番組『安住紳一郎 日曜天国』(毎週日 10:00-11:55)にて、TBSアナウンサー・安住紳一郎が、TBS系の特番『音楽の日2019』の滝沢歌舞伎で、「500 kgの紙吹雪」を6分半で片付けた美術スタッフに驚いていた。

安住紳一郎:美術さん、それからカメラマンたちの技術、音声さん、照明さんですね。私も放送局に就職をして、何に驚いたかっていうと、その人たちの動きが凄くて。
中澤有美子:へぇ。

安住紳一郎:うん。昨日、滝沢歌舞伎の演目の一瞬で、桜吹雪が上から500 kg、ドスーンッて降って、ブシューッてなって。

中澤有美子:500 kg!?

安住紳一郎:それはそれは、素晴らしい演出だったんですけれども。

中澤有美子:ええ?!

安住紳一郎:私、それよりそのダーン、ドスーンッて、ステージ上にブワーッと広がった桜吹雪を、500 kg降って、その中でダンスをし続けるジャニーズJr.の皆さんたちも凄いなと思いましたけども、それを今度、6分半で片付ける美術スタッフも凄いなって思いましたけどね。

中澤有美子:へぇ!

安住紳一郎:桜エビ漁みたいになってましたよ。

中澤有美子:え?え?

安住紳一郎:下に敷いたシートを、端から外して。で、端からウワーッて持ち上げて。

中澤有美子:ああ、ああ。

安住紳一郎:ブワーッて持ち上げて、みんなでグーンッて。それで、上から出てきたクレーンみたいなので吊って。

中澤有美子:へぇ。

安住紳一郎:本当、焼津の桜エビ漁みたいな感じでズイーッて(笑)

中澤有美子:桜エビ漁(笑)そうやったんだ(笑)

安住紳一郎:凄いんですよね。それを反対側のステージで、誰かが歌っている時にやっているっていうことでね、面白いですよねぇ。

中澤有美子:へぇ。

安住紳一郎:美術さんたちも、『全員集合』から鍛えられてますからね。

中澤有美子:ああ、そうですか。

安住紳一郎:上手にやりますよ。

中澤有美子:連綿と受け継がれた。



安住紳一郎の日曜天国

本日の人気記事