ナイツ塙、『ENGEIグランドスラム』でソーシャルディスタンスに配慮した漫才をトップバッターで披露し「他の人の実験台」のようになってしまったと明かす

2020年5月28日放送のニッポン放送系のラジオ番組『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(毎週月-金 11:30-13:00)にて、お笑いコンビ・ナイツの塙宣之が、フジテレビ系の番組『ENGEIグランドスラム』で、ソーシャルディスタンスに配慮した漫才をトップバッターで披露し、「他の人の実験台」のようになってしまったと明かしていた。

清水ミチコ:凄いね、『ENGEIグランドスラム』。

塙宣之:はい。

土屋伸之:やりました、ソーシャルディスタンス漫才。

清水ミチコ:ソーシャルディスタンス。

塙宣之:ねぇ、2m離れて。

清水ミチコ:やりにくそうだね。

土屋伸之:やりにくかったですけども。

清水ミチコ:うん。

土屋伸之:できるだけでもありがたかったですね、あの時期は。

清水ミチコ:あ、そうだよね、本当。一発目で。

土屋伸之:久々の漫才でしたから。

塙宣之:トップバッターで出てきて、なんとなくみんな「あ、なるほど」みたいな。

土屋伸之:ふふ(笑)

塙宣之:他の人の実験台みたいになっちゃって。

清水ミチコ:ふふ(笑)「俺たちもこうなるんだ」みたいな(笑)イヤだなぁ(笑)

土屋伸之:うん、普通に一ヶ月半ぶりの漫才っていうギャップがあったんで。

清水ミチコ:うん、元々。

土屋伸之:それが一番大きかったですけどね、やりにくかったのは結局。

塙宣之:うん。

清水ミチコ:正直、リハーサルで一回離れて、みたいなことはやったの?

塙宣之:ネタはやらなかったですけど、一応「こういうところでやりますよ」って、連れてってもらって。

清水ミチコ:うん。

塙宣之:「あ、こんな感じなんだ」っていうのはありましたね。

清水ミチコ:ああ。

塙宣之:徹底してパネルが置いてあって。せり上がりのところもパネル置いてありましたからね。

清水ミチコ:ふふ(笑)凄いね(笑)

塙宣之:凄いですよ。

清水ミチコ:まぁ、ハッキリ言ってやりにくい?

塙宣之:う~ん、できないことはないんでしょうけど。

清水ミチコ:人間、何mまで離れてできるのかね(笑)

土屋伸之:ふふ(笑)距離に関してはどうなんですかね。でも、リモートよりはやりやすいんじゃないですかね。



ビバリー昼ズ

本日の人気記事