明石家さんま、新型コロナウイルスによる影響で東京五輪・高校野球の放送枠が「1000時間」空いたNHKのスタッフに「なんでもやるで」

2020年5月23日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまが、新型コロナウイルスによる影響で東京五輪・高校野球の放送枠が「1000時間」空いたNHKのスタッフに「なんでもやるで」と伝えたと明かす。

明石家さんま:とにかく今、ちょうどNHKさんがね、『明石家紅白』という番組のスタッフが来てて。

飯窪春菜:はい。

明石家さんま:今度やるってなったんですけども、やっぱり総集編に切り替えなしゃあないし。

村上ショージ:うん。

明石家さんま:さぁ誰を呼ぶか。「そんなことより、夏場、1000時間も余ってんねから」って。

飯窪春菜:ええ。

明石家さんま:要するに高校野球とオリンピックで。

飯窪春菜:はい。

明石家さんま:枠が1000時間空くっていう。BSとかも入れたら、そうなんでしょうけど。

飯窪春菜:はい。

明石家さんま:1000時間余るんですよ(笑)

飯窪春菜:うわぁ、どうするんだろう(笑)

明石家さんま:いやいや、レギュラーでやるみたいやけども。

飯窪春菜:ああ、はい。

明石家さんま:「なんでもやるで」とは今、言うといたんですけども。

飯窪春菜:ふふ(笑)

明石家さんま:音楽班やからね、そいつらは。

飯窪春菜:うん。

明石家さんま:その1000時間も空いてしまうっていうのもあるし。というても、通常の放送もどこまでリモートでいくのか。



明石家さんまヤングタウン

本日の人気記事