鈴木おさむ、オードリー若林が「棒演技」とイジられていたが「絶対大丈夫」と『芸人交換日記』で励ましたと明かす「棒演技だって人は、究極の照れ屋で」

2020年5月16日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『土曜ワイドラジオTOKYOナイツのちゃきちゃき大放送』(毎週土曜日9:00-13:00)にて、放送作家・鈴木おさむが、オードリー・若林正恭が「棒演技」とイジられていたが「絶対大丈夫」と『芸人交換日記』で励ましたと明かしていた。

鈴木おさむ:実は、僕思うんですけど、「(演技が)棒だ」って言っている芸人さんって、実はお芝居できる説っていうのが僕の中であって。

土屋伸之:え?そうですか。

鈴木おさむ:そうです。

土屋伸之:色んな方、今まで見てきて。

鈴木おさむ:そうです、だって若林と『芸人交換日記』最初にやった時に、若林はその時、『いいとも』で「演技が下手」っていうイジリ方をされてたんです。

土屋伸之:はい、はい。

鈴木おさむ:で、僕は「絶対大丈夫」って言ってやったら凄いよかったんですけど。

土屋伸之:ああ。

鈴木おさむ:だから、「棒だ」って人は、究極の照れ屋で。

土屋伸之:ふふ(笑)

鈴木おさむ:「心を開いてない」っていう(笑)

塙宣之:全く同じことを他の人にも言われたことがあります。

土屋伸之:ああ、そう。

塙宣之:はい。「自意識過剰だ」と。

鈴木おさむ:はっはっはっ(笑)そう、そう。

土屋伸之:精神面の問題なんですね、そこはね。

鈴木おさむ:そう、やっぱり照れが。

土屋伸之:ああ。

鈴木おさむ:芸人さん特有の照れがあって、心をカパーンって開けないっていう。



ナイツのちゃきちゃき大放送

本日の人気記事