山里亮太、加藤浩次が『スッキリ』で応募中の「#スッキリ自撮りネタフェスティバル」の元タイトルにダメ出ししたことで感動「加藤さんって細やかな人だなぁ」

2020年4月29日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、極楽とんぼ・加藤浩次が『スッキリ』で応募中の「#スッキリ自撮りネタフェスティバル」の元タイトルにダメ出ししたことで、感動したと語っていた。

天才はあきらめた

山里亮太:もうね、エンタメが色々イベントとか、もうできないですから。それをやっぱり一番感じるのは、『スッキリ』天の声、謎の男の見守りで行ってますけども。

謎の男のコーナー、天の声のクイズッスていうコーナーは、もう色んなエンタメの情報コーナーでございますからね。「こんなイベントがありました」「こんなCM撮影がありました」「こんなドラマが撮影されてます」「こんな映画の公開記念イベントが」とか、もうそれが全部ないから。

そうすると、お届けする情報がないってことで、じゃあどうしたらいいんだと喋ってた時に、それを見てた芸人さん、とにかく明るい安村が、早速自分で動画を作って、クイズまで作って送ってくれて。

それで助けられたっていうのがあってから、加藤さんが「ちょっとこれ、見てる芸人さん、いや芸人さんに限らず皆さん、送ってやってください。天の声のコーナー、今大変です、大ピンチです。届けるものがなくて」っていうことで、クイズッスで「#スッキリ自撮りネタフェスティバル」っていうのをやられてて。

で、「フェスティバル」になった理由も、加藤さんって細やかな人だなぁって思ったんだけど。「1分動画選手権」って言ってたら、「選手権なんて偉そうなことを言うんじゃない」と。

「助けてもらう人間が、なぜその試合会場みたいなのを用意してるんだ。違う。皆様お助け下さい、祭ですよ」ってことで、祭りになって。

とにかく明るい安村がすぐ送ってくれて、それが放送されたら、それにまたプラスマイナスと岩橋が送ってくれて。まぁこのクイズも面白かった。



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事