オードリー若林、若い時の悩みは身近なもので「パンチの射程距離圏内」であり大人になると「遥か向こう岸の悩み」のことを悩むようになると語る

2020年4月24日配信開始となったYouTubeチャンネル『サトミツちゃんねる』の動画にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、若い時の悩みは身近なもので「パンチの射程距離圏内」であり大人になると「遥か向こう岸の悩み」のことを悩むようになると語っていた。

若林正恭:若い時はさ、お互い悩みがさ、もう本当パンチの射程距離圏内っていうか。

佐藤満春:はい、はい。

若林正恭:その距離に入ってたじゃん、悩みが。自分の悩みとして。

佐藤満春:うん。

若林正恭:でもなんか、もう遥か川の向こう岸みたいところに悩みがあって、「あ、またあの悩みかぁ…あれ、ハマると長ぇんだよなぁ」みたいな。

佐藤満春:うん。

若林正恭:「面倒くせぇなぁ」みたいな。

佐藤満春:うん。

若林正恭:「なんかもう、ゲームして寝ちゃおうかな」みたいなさ(笑)

佐藤満春:ふふ(笑)その傾向は分かってるからね、自分のね。

若林正恭:そう、そう。若い時は、射程距離圏内の悩みと打ち合うじゃん。

佐藤満春:ふふ(笑)

若林正恭:で、朝まで打ち合う体力あるんだけどさ、もう無理だよね(笑)

佐藤満春:無理だね、もう。疲弊するよね。

若林正恭:ちょっと、お酒飲んでボヤーッとして、見えにくくして寝ちゃおう、みたいな。

佐藤満春:はっはっはっ(笑)直視では向かい合えないよね。

若林正恭:そう、そう。そういうことのため、適量のお酒ってあったりするのかなって思うよね。



YouTube

本日の人気記事