佐久間宣行P、アメリカ映画・ドラマでは「Apple製品は悪役に使わせない」という契約が噂ではあるため「ミステリーの犯人分かっちゃうんだって(笑)」

2020年4月22日放送の放送のニッポン放送系のラジオ番組『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』(毎週水 27:00-28:30)にて、テレビ東京の佐久間宣行プロデューサーが、アメリカ映画・ドラマでは「Apple製品は悪役に使わせない」という契約が噂ではあるため「ミステリーの犯人分かっちゃうんだって(笑)」と語っていた。


できないことはやりません テレ東的開き直り仕事術

リスナーメール:ジェイソン・ステイサムは、契約の際に「負けない」という契約を、自分からの望みで結ぶそうなので、サイタマはジェイソン・ステイサムで決定でいいと思いますよ。

佐久間宣行:はっはっはっ(笑)そうなの?「負けない」って契約あるんだ?凄いねぇ、へぇ。

ジェイソン・ステイサムスも結んでそうだけど、リーアム・ニーソンも結んでそうだよね(笑)

リーアム・ニーソンも結んでそうなだけどさ、リーアム・ニーソンってさ、最強の殺し屋のリーアム・ニーソンとか知らなくて、「元殺し屋」とか(笑)ほとんど、「元」のリーアム・ニーソンしか知らないんだよな(笑)

あと、こういう契約で最近見たのが、今は違うか知らないんだけど、これ噂なんだけど、「Apple製品は悪役に使わせない」っていう契約があるらしくて。

だから、アメリカのミステリー映画・ドラマで言うと、犯人分かっちゃうんだって(笑)「アイツ、Mac使ってっから絶対違う」みたいな(笑)

そういうのがあるらしいよ、契約って言えば。



佐久間宣行のANN0

本日の人気記事