山里亮太、中居正広の『悲報館』収録前にしていた行動が「カッコイイ」と絶賛「椅子に座って…」

2020年3月25日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、日本テレビ系の番組『中居正広の悲報館』収録前にしていた中居正広の行動が「カッコイイ」と絶賛していた。

山里亮太:中居さんの何が凄いかって思ったかって言うと、それはオンエアにはならないと思うんだけど、俺が見てね、「カッケェなぁ」って思ったのが、中居さんって「収録始めます」って時にスタジオ入ってきて、マイクつけて、そのままの流れぐらいでいくのね。

で、セットとしては、派手めな椅子が3つ並んでるところでさ、真ん中は中居さん、で、テレビ見てる方からしたら、左側に山里、右側にノブさんってなってて。で、中居さんがスタジオ行って、まだ始まる前に…登場は、袖から3人がバーッて出てくるって登場なんだけど。

なのに、中居さんが座っちゃった。まったくお茶目な中居さんね。ボケてんのかなって思って、俺とノブさん、言ってもツッコミ2人だから、「まだまだ、始まらない」って言ってる時に、「分かってる、分かってる」って。あ、ボケじゃないんだって思って。座って、2~3回頷いて、総合演出の方に「うん、この硬さいいね」って。

前回の収録の時に、椅子のちょっとした柔らかさで、椅子に沈み込む自分の感じが、喋る時に、「少し沈み込みが…」みたいな話をしてるの見た時に、俺とノブさんが目を合わせて、「おい、マジか」って。あれをボケの一個だと思った俺たちは、なんて情けないんだって。

椅子を撫でるようにスッと触ってく感じ。で、「よし、始めようか」って言って始まる。あれカッケェなぁと思って。



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事