ケンドーコバヤシ、総合格闘技「ONE チャンピオンシップ」で女子のジョマリー・トーレス選手が「股間への攻撃による痛み」で没収試合となる珍事について語る

2020年3月10日放送の日本テレビ系の番組『にけつッ!!』にて、お笑い芸人・ケンドーコバヤシが、総合格闘技「ONE チャンピオンシップ」で、女子のジョマリー・トーレス選手が「股間への攻撃による痛み」で没収試合となる珍事について語っていた。

ケンドーコバヤシ:先日ね、海外の格闘技団体で、凄い珍事が起こったんですよ。

千原ジュニア:はい、はい。どうしました?

ケンドーコバヤシ:女子の試合、ONEっていう団体でね。男子の試合ではよくあるっていうか、たまにある光景なんですけど。

千原ジュニア:はい。

ケンドーコバヤシ:金網でもみ合ってて、膝蹴り入れたんです。

千原ジュニア:はい。

ケンドーコバヤシ:それが股間直撃して。女子の人が、顔真紫になって、脂汗かいて倒れたんです。

千原ジュニア:ああ。

ケンドーコバヤシ:あれって、効くんですか?

千原ジュニア:だから、どうなんやろ。恥骨ってことなんやな。でも、ファールカップつけてはるでしょ?

ケンドーコバヤシ:女子はつけてないんじゃないですか?

千原ジュニア:ああ、そう。

ケンドーコバヤシ:うん。どうなんでしょう、分かんないですけど。

千原ジュニア:へぇ、なかなかのチン事ですね。

ケンドーコバヤシ:チン事なんですよ。



にけつッ!!

本日の人気記事