ナイツ塙、「24時間戦えますか?」から30年で『わたし、定時で帰ります。』まで世間の考え方が変わっていることに驚く

2019年7月4日放送のニッポン放送系のラジオ番組『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(毎週月-金 11:30-13:00)にて、お笑いコンビ・ナイツの塙宣之が、平成2年の漫才を制作中、「24時間戦えますか?」から30年で『わたし、定時で帰ります。』まで世間の考え方が変わっていることに驚いたと語っていた。

清水ミチコ:『わたし、定時で帰ります。』みたいなドラマ、外国人からすると凄い不思議だっていうもんね。

塙宣之:「当たり前だろ」ってことでしょ?

土屋伸之:ああ、定時に帰ることがね。

清水ミチコ:うん、うん。どんだけ難しいかって話だもんね、日本ではね。

塙宣之:平成2年ぐらいの漫才を作ってたんですけど。

清水ミチコ:ほう。

塙宣之:そしたら、「24時間戦えますか?」って曲があったりとか(笑)

清水ミチコ:ああ、そうか。

土屋伸之:ああ、リゲイン。

塙宣之:今、考えたらちょっと考えられないよね。

清水ミチコ:ああ、そうだね。

土屋伸之:リゲイン、時任三郎さんの。

塙宣之:そう、そう。あとユニコーンの『働く男』がその年に出てたりとか。

清水ミチコ:うん。

塙宣之:男は働くもんだ、みたいなのが30年ぐらい前では当たり前だったっていう。

清水ミチコ:うん、うん。あとリゲインだけじゃなくて、ユンケルだとか。えらい頑張れる薬が流行ったり。

塙宣之:5時から男とかね。

清水ミチコ:凄いね、時代によってね。

塙宣之:全然違いますね、変わりましたよ。



ビバリー昼ズ

本日の人気記事

本日の人気記事