東野幸治、『本能Z』の終了を『東野幸治の幻ラジオ』の中で情報解禁前に発表してしまい吉本興業からカット要請があったと告白「お断りしました」

2020年2月25日配信開始となったYouTube動画『東野幸治の幻ラジオ』の第3回にて、お笑い芸人・東野幸治が、『本能Z』の終了を『東野幸治の幻ラジオ』の中で情報解禁前に発表してしまい、吉本興業からカット要請があったと告白していた。

東野幸治:吉本興業からもですね、この第1回、『幻ラジオ』の音声配信した後、メールが来ました。

「名古屋の番組が終わることは、まだオープンになっておらず、3月中旬に終了をオープンする予定です。お手数ですが、そこの部分、カットしていただくこと、可能でしょうか?」と、そういうメールがきました。

私、吉本興業に電話しました。結論から言います。「これはノー編集なので無理です」とお断りしました。

で、吉本にもこのように言いました。もし名古屋の番組が終わるっていうことをオープンにするのがダメならば、第1回の『幻ラジオ』を、丸々、もう削除してくださいと言いました。

これ、多分、吉本の方で色々話し合いがあって、もしかしたら数日したら、この第1回『幻ラジオ』はこれ、削除されているかも分かりません。

ってなってくると、幻ラジオの幻が、2本目になります、ということでございます。まぁ、これを聴いている、登録しているおじさんの皆さん、もうエエおっさんですから、言わないでも分かっていると思います。言わないで下さいって私が言ったら、おっさんは言わないと思います、うん。

3月中旬にですね、名古屋の番組が終わりますという発表があります。上手なリアクションで、それぞれが驚いて下さい。社会人になって、嘘ばっかり多分、ついてきたと思うんです。その辺のリアクション、上手だと思うんで、3月中旬に名古屋の番組が終わりますよっていう発表があったら、「え?終わんの?」みたいな、なんとなくそれっぽいリアクションをしていただいたら、ありがたいと思います。

それでこのミスをですね、『幻ラジオ』のこのミスを乗り越えて行きたいと思います。



東野幸治の幻ラジオ, YouTube

本日の人気記事