岡村隆史、宮迫博之らが謹慎中の「闇営業」問題への批判は「そこまで言う?」という段階まできていると指摘「なかなか戻って来られへん」

2019年7月4日放送のニッポン放送系のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が、雨上がり決死隊・宮迫博之らが謹慎中の「闇営業」問題への批判は、「そこまで言う?」という段階まできていると指摘していた。

岡村隆史:仲間は仲間やから。仲間に対して「ちょっと甘いんちゃうか」って言われることあるんですけど、僕らは僕らで思ったことを話してるし、「こういうことや」っていうのは、ちゃんと発言してるつもりではあるんですけど。

「元お笑い芸人」の意見っていうのは、ちょっと危険じゃないかなって。ホンマにそうだったのかなって思いもちょっとあって。

それがもうちょっとでも…「もうエエやん」っていうさ。「そこまで言う?」っていうぐらいのところまできてるじゃないですか。

だから今後、ちょっと何か一回ミスしたら、もうずっと叩かれて、なかなか戻って来られへんというかさ、大変なところまで突き落とされるというか。まぁ、悪いことをしたのはしょうがないとしても、こんなにバッキバキやられるかっていうぐらいになったんやね。

日頃、何も思ってない人でも、もうやっぱりこうそうなってしまった、そっちに加担するというか、バーっと行ってしまうねんなぁっていう。

だからもう、一回の失敗も許されへんっていうか。そう言いながら、この僕のラジオって失敗続きではあるんですけども(笑)

紙一重のところでやってるなぁという感じはちょっとするんですけども。



岡村隆史のANN

本日の人気記事

本日の人気記事