明石家さんま、宮迫博之だけでなく窮状にある仲間には手を差し伸べると発言「困ってる人がいて、そのまま去っていかないよな?人間として」

2020年2月8日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまが、雨上がり決死隊・宮迫博之だけでなく、窮状にある仲間には手を差し伸べると発言していた。

村上ショージ:周りはね…僕、よく訊かれるんですよ、特に。

明石家さんま:うん。

村上ショージ:「ショージさん、さんまさんの横にいてるから」って。さんまさんは、「助けてください」って言われて、放っておくような人じゃないから。

飯窪春菜:うん。

村上ショージ:それは、どんな人にでも絶対手を差し伸べてくれる人やから。

飯窪春菜:はい。

村上ショージ:それがさんまさんやねんって話をしてたんですよ。

明石家さんま:うん。

村上ショージ:この間、ちょっとね。ある、中堅連中らと。

明石家さんま:うん。

村上ショージ:ほんなら、「僕らも何かあった時は、全部助けてくれますよね?」って。

明石家さんま:ふふ(笑)

村上ショージ:「いや、でも全部が全部、そんなさんまさんばっかりに助けを求めに行くな」と(笑)

明石家さんま:ふふ(笑)

村上ショージ:でも、そうやって声をかけていただければ、それは放っておく人じゃないからって。

明石家さんま:いや、困った時やで。「カネがない」とか、そんなんアカンで(笑)「お小遣いちょうだい」とか。

村上ショージ:はい。

明石家さんま:それはアカンで、お前らにも言うとくけどな。

村上ショージ:はい(笑)

明石家さんま:だから、出せたらよ。手を出せるような案件であればやで。それであればやけどもやな。お前らもそうやろ。困ってる人がいて、そのまま去っていかないよな?人間として。

飯窪春菜:うん、うん。

明石家さんま:それはお前らもこれからそうして生きていけ。



明石家さんまヤングタウン

本日の人気記事