ラジサマリー

芸能人のラジオ・テレビ番組での発言まとめサイト

赤江珠緒、ピエール瀧の逮捕報道間もなくに『たまむすび』で語ったトークまとめ

   

フリーキャスターの赤江珠緒さんが、TBSラジオ系の番組『たまむすび』の木曜パートナーであるピエール瀧が逮捕されて間もなく、同番組の中で涙ながらに語ったトークについてまとめました。

ピエール瀧不在を謝罪

赤江珠緒:ウソであって欲しい、と。夢であったらいいな、と思っていたことがですね、現実です。

博多大吉:はい。

赤江珠緒:現実ですので、受け止めなければならないということで。

博多大吉:うん。

赤江珠緒:このお話なんですが。

博多大吉:うん。

赤江珠緒:多くの方がご存知かと思いますが。

博多大吉:ニュースなんかでも、ずっとやってますからね。

赤江珠緒:『たまむすび』の木曜パートナー、ピエール瀧さん。今年はウルトラの瀧さんとして活動されてましたけども。

博多大吉:うん。

赤江珠緒:その瀧さんが、コカインの使用で、昨夜、逮捕されました。

博多大吉:はい。

赤江珠緒:という現実がありまして。本当に…「なんで?」と。「何してんだ?」と。「なんでよ…」っていうことを、昨日の夜から本当に色んな人と何回も会話しましたし。

博多大吉:はい。

赤江珠緒:自分の頭の中でも、その言葉がずっとリフレインしている状況で。

博多大吉:うん。

赤江珠緒:その後に、何を繋いで行ったらいいのかなっていうのを、凄く悩んで、考えました。

博多大吉:はい。

赤江珠緒:で、まずはですね、『たまむすび』を聴いてくださってるリスナーの皆さんに…『たまむすび』は、1時から始まって、毎日、他愛もない話をして、1時からの午後を少しでも皆さんが朗らかな、なんてことない時間をご一緒に過ごせたらなってことを、作り上げられるよう、努めてきた番組ですのに。

博多大吉:もう何も残らない番組よね。

赤江珠緒:ですのに、それに反しているような放送をしなければならないことを、まずはお詫びしたいと思います。

博多大吉:うん。

赤江珠緒:私が謝ることなのかって言うと、それが本当に正解かどうかも分からないですし、筋かどうかも分からないんですけど。

博多大吉:うん。

赤江珠緒:色々考えても……今、瀧さんにできることは、私の中ではそれしかなくて。

博多大吉:ええ。

赤江珠緒:瀧さんに代わって、「申し訳ありません」ってことを、番組のメインパーソナリティとしてまずはお伝えしたいと思います。

赤江珠緒、ピエール瀧の代わりに声を震わせながら『たまむすび』リスナーへ謝罪「今、瀧さんにできることは、私の中ではそれしかなくて」

逮捕の連絡を受けて、眠れぬ夜を過ごす

赤江珠緒:はい。で、寝てたんですね。そしたら家電がなりまして。深夜12時近くに。で、「なに?」って感じで、寝ぼけた感じで出ましたら、ウチのプロデューサーの阿部Pで。

博多大吉:はい。

赤江珠緒:アベコさんが「夜分すみません」と。「何?なんで家の電話に?」みたいな感じだったところ、またアベコも泣きそうな声で、聞いたこともないような声で、「瀧さんが逮捕されました」っていう報告だったんで。

博多大吉:うん。

赤江珠緒:「ウソでしょ?」と。

博多大吉:うん。

赤江珠緒:「いや、またなんかそれは電気グルーヴさん特有の悪ふざけなんじゃないの?」みたいな。

博多大吉:ブラックユーモア的なね。

赤江珠緒:そういう感じで受け止めたかったんですけど、御本人も認めてらっしゃるということで。

博多大吉:うん。

赤江珠緒:これは現実なんだ、と。受け止めなきゃいけないんだなって思って。

博多大吉:うん。

赤江珠緒:で、その時、関係各所と話はしたりしましたけど、やっぱりその時に自分にできることっていうのは、今日の放送に備えてまず寝ることだな、と。

博多大吉:うん。

赤江珠緒:思ったんですが。で、寝ようとしたんですけど、やっぱり横になっても、もう本当に色んなことが…色んな感情が湧き上がってくるだけで。まったく眠れず。

赤江珠緒、ピエール瀧逮捕を『たまむすび』プロデューサーから深夜に聞いて眠れぬ夜を過ごしたと告白「まったく眠れず」

ラジオ番組での「恩人」ピエール瀧

赤江珠緒:とりあえずその時点でわかってるのは、毎週木曜日、瀧さんに会えて……本当に他愛ない話をして……

博多大吉:瀧さんはね、前番組からずっと木曜日のこの時間、ここにいらっしゃった方ですから。

赤江珠緒:はい。容赦なくツッコんでくれて……凄く笑わせてくれて、めちゃめちゃ笑わせてくれて。番組も本当に支えてくれて、支えるどころか、引っ張ってくれて。

博多大吉:うん。

赤江珠緒:…すみませんね。ラジオを始めた頃なんか、特に私は本当に不慣れで。

博多大吉:うん。

赤江珠緒:「どうしよう…」って時にも、どれだけ助けてもらったか。

博多大吉:そうですね。

赤江珠緒:それからずっと助けてもらった人で。私にとってラジオの中で恩人って言っても過言ではない人だったので。

博多大吉:そうですね。

赤江珠緒:「人だった」というか、人なので。

赤江珠緒、ピエール瀧は立ち上げ当初の『たまむすび』を引っ張ってくれた「ラジオの恩人」であると語る「どれだけ助けてもらったか」

想像以上に厳しい現実と向き合うことに

赤江珠緒:で、瀧さん…瀧さんに。「本当にバカタレか」と。「何やってんだ」っていう感じなんですけど。

博多大吉:うん。

赤江珠緒:多分、ここから現実をちゃんと受け止めると、瀧さんが思っている以上にもっと厳しい現実がね。

博多大吉:そうですね。

赤江珠緒:この先、きっと待ってるでしょうし。

博多大吉:想像もしたくないぐらいの厳しいことがね、待ってるでしょうから。

赤江珠緒:はい。ただ、それは致し方ないとは言え、それが現実だと思いますので。ここからはちゃんと覚悟を決めて、一つ一つにちゃんと向き合って欲しいですし、そうあって欲しいなぁって思いながらね。

博多大吉:うん。

赤江珠緒:そうやって話せばいいのかなぁって。何の話をしたら、瀧さんの骨を拾うことになるのかなって思ったんですけどもね。

博多大吉:うん。

赤江珠緒:でも、「骨を拾う」なんて言ってますけど、瀧さん死んだわけじゃないからって思って。

博多大吉:うん。

赤江珠緒:で、ピエール瀧さんとしては、そういうことになるのかもしれないですけど。瀧正則さんとしては、不慮の事故とか病気でお別れでしたら本当に会えないんですけど。会えなくはないなって思って。

赤江珠緒、ピエール瀧にはこれから待ち受ける想像以上に厳しい現実へ「覚悟を決めて、一つ一つにちゃんと向き合って欲しい」

逮捕直後の放送への大反響

赤江珠緒:昨日、『たまむすび』を放送したんですけど。

カンニング竹山:はい、はい。

赤江珠緒:その放送中も、放送後も、とにかくリスナーの皆さんからたくさんメッセージをいただきまして。

カンニング竹山:はい。

赤江珠緒:ずっともう、夜中なんかもどんどん、どんどんメールが来て、1,500通以上、瀧さんのことについて…

カンニング竹山:うん。

赤江珠緒:皆さんが色んな思いを語ってくださってね。

カンニング竹山:はい、はい。

赤江珠緒:メール、届いてます。ありがとうございます。

カンニング竹山:ありがとうございます。

赤江珠緒:ちょっとだけご紹介させていただきますとね…皆さん、思いが強すぎて、ラジオネームがほとんどなくね、本名で書かれてる方が多いので(笑)

カンニング竹山:皆さん、必死だから(笑)

リスナーメール:いつも上海でラジオクラウドを使って拝聴させていただいています。海外で一人、心が折れそうな時など、『たまむすび』での皆さんのお気楽、楽しいお喋りに何度となく癒やされてきました。

今回のニュース、本当に驚きました。『たまむすび』に関わる皆さんのお気持ちを想像すると、胸が苦しくなります。

残念ながら、私が直接できることは何もないと思いますが、ただただ世界中に『たまむすび』が大好きで、応援している人がいることを伝えたくてメールしました。

カンニング竹山:ありがとうございます。

リスナーメール:ずっと考えても、小粋なことが書けませんでした。珠ちゃん、これからも聴くよ。元気な声、聴かせてね。

リスナーメール:竹山さん、珠ちゃんをよろしくお願いします。これからもチームたまむすび応援しています。

リスナーメール:瀧さんには私達、会えないと思うけど、社会復帰を皆さんで支えてあげてください。リスナーはピエール瀧さんを忘れることはありません。

リスナーメール:いつも一歳時を育児しながら楽しく聴くだけのサイレントリスナーでしたが、初めてメールします。ただならぬ状況、また複雑な心境の中で赤江さんが謝罪をしつつ、瀧さんへの感謝の言葉を述べられていた冒頭の言葉を聴いて、『たまむすび』に対する深い愛情をとても感じました。

と同時に、こんな優しい赤江さんを悲しませるなんて、と悲しくなりましたが、率直に言葉にしてくださったことで、素晴らしいなと思ったし、安心したし、『たまむすび』を応援しようと思いました。

表には出ないスタッフの方々のおかげで、毎日、『たまむすび』を当たり前に聴いていました。あらためて、本当にありがとうございました。

赤江珠緒:ということでね、本当にたくさんいただきました。

カンニング竹山:ありがとうございます。

赤江珠緒、ピエール瀧が逮捕された直後の『たまむすび』に1500通を超えるメールが届いたと明かす「皆さんが色んな思いを」

「謝罪」に真意

赤江珠緒:昨日の放送で言うと、私が謝罪したっていうのね、瀧さんに代わってというのは、瀧さんのことを謝罪してるわけじゃなくて、それは瀧さんがしたことで、瀧さんが謝ることでね。

カンニング竹山:はい。

赤江珠緒:私がリスナーに申し訳ないなって思ったのは、『たまむすび』っていう店だとしたら、朗らかな、どうでもいいバカっぽい話をお昼にお届けするっていうことをモットーにやってきた店なのに、来てくださったお客さんに、その商品をお届けすることができないってことの申し訳なさで、「申し訳ない」って謝罪であって。

カンニング竹山:はい、はい。

赤江珠緒:一応、私の冠の番組になってる以上、店主としたら、ピエール瀧さんっていうウチの看板娘でもあり、そして瀧さん独特の味の商品。

カンニング竹山:うん。

赤江珠緒:おまんじゅうだったとしたら、その人が出すお料理、今日ないんですよ。申し訳ないっていう、そういう意味合いの謝罪ですので。

カンニング竹山:はい、はい。

赤江珠緒:本当の謝罪っていうのは、当人がしなきゃいけないことで。

カンニング竹山:そうですね。

赤江珠緒:そして私が代わりにできることでもないってことだけはね。言葉足らずだったので、そこが伝わったのかなぁって思いながらやっておりました。

カンニング竹山:うん。

赤江珠緒:瀧さんのね、花板さんって意味ではね、あの人はトイレ行って手も洗わない人ですけど(笑)

カンニング竹山:ふふ(笑)

赤江珠緒:あの人の作ったものを、喜んでる人もね。

カンニング竹山:大勢いますよ。

赤江珠緒:たくさんいるわけですから。当然、その人たちのショックというのもね、その1500通のメールを読んでも伝わってきますし。

カンニング竹山:そうですね。

赤江珠緒、ピエール瀧逮捕で『たまむすび』リスナーに謝罪した真意を語る「『たまむすび』が店だとしたら…」

『たまむすび』復帰を待ち望んで

赤江珠緒:いずれは…いつかはね、ピエール瀧さんとしてはあれかもしれないですけども。

カンニング竹山:うん。

赤江珠緒:これだけウチの店にも、迷惑をかけよって、と。あの看板娘は。

カンニング竹山:うん(笑)

赤江珠緒:ですから、いつかタダ働きとか、させてもいいんじゃないですか?

カンニング竹山:いや、だからいつかは…結局、復帰して謝らなきゃダメですから。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:今は、順番がありますから。

赤江珠緒:はい。

カンニング竹山:徐々にね。今はやっぱり、法律違反のことをやったから。

赤江珠緒:はい。

カンニング竹山:法律違反のことをやったら罰はあるじゃないですか。

赤江珠緒:もちろん。

カンニング竹山:日本に住んでる限り。まずはそれをやって。あと、瀧さん自身が…薬物っていうのは病気ですから。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:その病気とともに、治しながら社会復帰しないと。

赤江珠緒:治療しないとね。

カンニング竹山:それで、一生ってわけにはいかないんだから。

赤江珠緒:そうですね。

カンニング竹山:だから治療しながら、徐々に働けるようになったら働きだして。で、皆さんの前で謝って。

赤江珠緒:その時には、タダで働かせよう、『たまむすび』の色んなことを。

カンニング竹山:そうですよ。まずはリスナープレゼント(笑)

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)

カンニング竹山:メール出し(笑)喋りながらメールを出すっていうね(笑)

赤江珠緒:ウチの番組、色んなスタッフがね、メール、リスナーの方も慮ってくれましたけど、色んな仕事がありますから。

カンニング竹山:うん、そうですね(笑)

赤江珠緒:ふふ(笑)その時はもう、ふんだんに(笑)

カンニング竹山:50代でしょうけど、働いてもらおうっていうね(笑)50代元気ですからね。

赤江珠緒:と、思っております。

赤江珠緒、『たまむすび』に迷惑をかけたピエール瀧に復帰して「いつか『たまむすび』でタダ働きを」とエール

 - たまむすび