ラジサマリー

芸能人のラジオ・テレビ番組での発言まとめサイト

有吉弘行、仕事がないどん底から這い上がった再ブレイク前の苦悩についてのトークまとめ

   

ダチョウ倶楽部・上島に「残高0円」の通帳を見せる

有吉:(ダチョウ倶楽部)上島(竜兵)さんなんか、何も言わず無償の愛で助けてくれるのに、「0円」の貯金通帳を持ってたもんね(笑)

マツコ:ふはは(笑)

有吉:「こっちは普通の通帳」「こっちは0~100円くらいの通帳」ってあって、「0~100円くらいの通帳」は持ってたね(笑)

マツコ:ズルい(笑)…ごめん、ここは一緒にしないで(笑)それはしたことないわ(笑)

有吉弘行、売れない時代にダチョウ上島に奢らせる姑息な手段「0円の通帳」

「仕事がなく、オネエになろうかと思った」

有吉弘行:俺も仕事ない時、チ○ポ切ってオネエになってやろうって思ったからなぁ。笑えないけどな。

アルコ&ピース・平子祐希:いや、はい…

有吉弘行:気持ち分かるよ。

平子祐希:分かります。

有吉弘行:「仕事ねぇんなら、チ○ポ切った方が良いや」って思って。

新宿カウボーイ・かねきよ勝則:ふふ(笑)

平子祐希:それで仕事回ってくるんならね(笑)

有吉弘行:そう、そうよ。

平子祐希:チ○ポ無くても生きていけるけど、仕事なかったら生きていけないですからね。

有吉弘行:新しい快感があるんじゃねぇかって、模索してたけどね。

平子祐希:ああ、なるほどね。

有吉弘行:もう、オ○ニーにも飽きてね。

平子祐希:切ることによって、新しい感覚が。

有吉弘行:1ヶ月家にいるんだから。飽きちゃうんだよね、チ○ポに(笑)

平子祐希:そうかぁ(笑)

有吉弘行、猿岩石でブレイク後に仕事がない時期「オネエになろうと思った」と告白「笑えないけどな」

高齢者たちの前で粋がる

有吉弘行:北沢タウンホールに午前中行くと、おじいさんとおばあさんしかいなくてさ。

平子祐希:へぇ。

有吉弘行:そこでドカって座って、お茶ガブガブ飲んで、「いっぱい飲んでスゲェだろ」って顔してた。

平子祐希:ふふ(笑)

有吉弘行:「若いから、凄いお茶を飲むぞ」ってやってた。自己満足で(笑)

平子祐希:ふふ(笑)

有吉弘行:「コイツら、お茶飲まねぇなぁ」って(笑)

平子祐希:黒歴史ですね(笑)

有吉弘行:ふふ(笑)…よく立ち直ったよ、俺も(笑)

平子祐希:長ーいトンネルを抜けて(笑)

有吉弘行、猿岩石でブレイク後に仕事がない時期「オネエになろうと思った」と告白「笑えないけどな」

心の支えにしていた高校時代の人生設計

有吉弘行:僕もね、高校生くらいの時に、自分の人生設計を立てたんだ。この世界に入る上でね。

マツコ・デラックス:うん。

有吉弘行:18歳くらいにどこかの事務所潜り込んで、師匠のところに潜り込んで、とか。

マツコ・デラックス:うん。

有吉弘行:35歳で、ラジオのレギュラーを掴むっていう計画だったの。当初は。40歳で、テレビに出る、くらいだったの。テレビのレギュラーをもらう、みたいな。

マツコ・デラックス:あぁ。

有吉弘行:だから、何があっても、その時の計画よりは上手くいってんなって感じなの。

マツコ・デラックス:なるほど。

有吉弘行:どん底だった時でも、「それにしても、こんなもんだろう。当初の計画から、変わらないな」みたいな。

マツコ・デラックス:要は、最初の爆発的なブレイク(有吉弘行の『電波少年』ヒッチハイク旅、スタッフも不可能だと思っていた)が、イレギュラーだっただけであって。

有吉弘行:そうそう。それでよくよく考えて、ピンになった時のことを考えたら、なんとなく…。

マツコ・デラックス:あなた、凄いね。

有吉弘行:凄くないよ(笑)本当に、高校生の考え。テキトーな設計ね。でも、それが自分の中で、なんとなく大事にしてるから。

マツコ・デラックス:うん。

有吉弘行:それより良いか悪いかが、判断材料になってるね。でも、40歳で結婚してないとは思わなかったけどね(笑)

有吉弘行、今も心の支えにしている高校時代に描いた人生設計

人を疑う心と憎む心は常人の45倍

ケンドーコバヤシ:元クズ芸人で今、暮らせてる芸人を彼氏にするのいいかもしれへん。

柏木由紀:います?結婚してない人。

ケンドーコバヤシ:いっぱいおるんちゃう。

山根良顕:それこそ有吉さんとか。

柏木由紀:ああ。

ケンドーコバヤシ:そうやね。有吉、アンガールズっぽいんちゃう。最初に上手くいって、その後、どん底やから。人を疑う心と憎む心は常人の45倍くらいあるんちゃうか(笑)

柏木由紀:めちゃめちゃ多い(笑)

ケンドーコバヤシ:アンガールズもそうやな。常人の45倍、人を疑ってかかるから。

柏木由紀:はっはっはっ(笑)

田中卓志:捻じ曲がるんですよ、一回。

ケンドーコバヤシ:田中の本音を聞いたときの、山根の冷たい姿を見たとき、分かるやろ?

柏木由紀:たしかに(笑)

ケンドーコバヤシ:「常人の45倍や」って(笑)

柏木由紀:たしかに(笑)

田中卓志:それは仕方ないこと。

ケンドーコバヤシ、有吉弘行はブレイク後にどん底を経験しているため「人を疑う心と憎む心は常人の45倍」と発言

ふかわがレギュラーで有吉が準レギュラーだった『内P』

ふかわりょう:こんな苦痛ないよ。かつてはね、一緒だったんだよ。『いいとも』の準レギュラーね。僕と有吉で毎週代わってたの。

有吉弘行:うん、やってた。切磋琢磨して。

ふかわりょう:まさに揃ってたんだよ。

有吉弘行:『内村プロデュース』って番組でもずっと一緒に。

ふかわりょう:あの時なんか、俺がレギュラーだからね。たまにだよ、彼(有吉)。

有吉弘行:たまに出る準レギュラーでね。

ふかわりょう:舞台とかあったけど、呼ばれるか呼ばれないかぐらいのギリギリのところで、俺が「有吉君もよろしくお願いします」みたいな。

有吉弘行:ウソつけ(笑)

ふかわりょう:結構、そういうのやってたタイプなんだよ。

有吉弘行:それが今やな。

ふかわりょう:おかしなことになったね、本当にね。誰だ?これ。ボタン掛け違えたの。

有吉弘行:ずーっと家にいるんだもんな?

ふかわりょう:夕方以外は大体、家にいる(笑)

トップリード・和賀勇介:夕方はお忙しいですもんね。

ふかわりょう:そう、そう(笑)

有吉弘行:嬉しいよ。(ゲストで呼ばなかった)2年ブランクあってさ、会いたかったよ(笑)

和賀勇介:笑っちゃったよ(笑)

有吉弘行との再ブレイク後での格差について、ふかわりょうが本音を吐露「有吉と同期って、人生最大の罰ゲーム」

ドロンズの失敗を祈っていた

有吉弘行:僕らの中での大抜擢と言えば、ドロンズがやってた夕方の番組ね。『DAIBAッテキ!!』ね。

安田和博:ありましたね(笑)

有吉弘行:大失敗でしたけどね。

安田和博:大失敗ではないですけどね(笑)

有吉弘行:「いい気味だ」って、俺はゲハゲハ笑った(笑)

安田和博:はっはっはっ(笑)たしかに、番組のタイトルが『DAIBAッテキ!!』でしたね。

有吉弘行:大抜擢、大失敗。

安田和博:ふふ(笑)

有吉弘行:ゲハゲハ笑っちゃってね。俺らは良い目に遭ってないのに、アイツらは、とんねるずの『夕やけニャンニャン』みたいな、フジテレビの番組任されて、スゲェ俺らがくすぶってるのに、アイツらが売れるんじゃねぇかって。

安田和博:はっはっはっ(笑)

有吉弘行:「失敗しろ、失敗しろ。ドロンズ失敗しろ」って思ってたら、案の定失敗して、俺、ゲハゲハ笑って。

安田和博:はっはっはっ(笑)

有吉弘行:今は、お2人とも、飲食店で大成功してますから。

安田和博:大成功してますからね。

有吉弘行:これ、笑っても今、起こらないですからね、お2人。大丈夫みたいですけどもね。

有吉弘行、仕事のない低迷期に失敗を願っていた芸人がいたと告白「案の定失敗して、ゲハゲハ笑った」

低迷期に芸人を辞めようかと思ったと告白

有吉弘行(以下、有吉):俺と(マシンガンズ)西堀は、偶然、同級生、同じ年齢でしょ?

マシンガンズ・西堀亮(以下、西堀):あぁ、はい。

有吉:いわゆる40になる年齢ですよね。

西堀:はい。

有吉:俺が30歳の時には、ほとんど仕事がないような状態。「これは(芸人)辞めなきゃいけないかな」って思って。貯金も底をつくし。

西堀:うん。

有吉:「辞めなきゃいけないなぁ」って思ってたのが30歳。

西堀:はい。

有吉:それがお前の場合、もっと深刻なわけじゃん。40歳でその状態を迎えてるわけだから。

西堀:10年経ってますからね、そこから。

有吉:どうなの?(笑)

西堀:これがね…不思議に、心境として澄み渡るような静けさなんですよ。湖畔のような。

有吉:悟りだな(笑)

西堀:悟りですね。30歳前半ですよね。30前半で、「もう無理だ」って思うじゃないですか。

有吉:うん。

有吉弘行、簡単に芸人を目指す人が増えている現状に警告「迂闊すぎる」

再ブレイクのきっかけとなった高田文夫

有吉「高田文夫先生は、本当にお世話になって。当然、ラジオに呼んでもらったんだけど、そこで『有吉、いいぞいいぞ』って言ってくれるのよ。それにプラスして、当時、日刊スポーツにコラムの連載を持ってたりとか、雑誌の連載を何個か持ってたのよ」

やさしい雨・吉本「あぁ、はい」

有吉「そこで、ネタがあんまりないんだろうね、いっぱい書いてるから」

松崎「いやいや(笑)」

有吉「日刊スポーツに『有吉が最近、面白い』って書くと、全雑誌に同じように書いてくれるの」

松崎「えぇ~」

有吉「だから、ちょっとラジオ関係者とか、ちょっと通なお笑い好きな人たちが、『高田先生が最近、やたら有吉面白いって言ってるけど…ちょっと呼んでみるかな』ってことで、結構、仕事が増えたりして」

松崎「へぇ~」

有吉「それこそ、なんかラジオも高田先生が休むと、『ちょっと代役をやってくれよ』って言われて」

松崎「おぅ~」

有吉「だから、高田文夫先生が入院されたの、普通に心配なんだよね」

有吉弘行「高田文夫さんが再ブレイクの道を作ってくれた」

 - 有吉弘行