伊集院光、『篤姫』にハマっていた妻に「徳川慶喜で江戸時代終わりじゃん」と言ったところ「最悪、ネタバレされた」と怒られてしまったと明かす

2020年1月20日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、大河ドラマ『篤姫』にハマっていた妻に「徳川慶喜で江戸時代終わりじゃん」と言ったところ、「最悪、ネタバレされた」と怒られてしまったと明かしていた。

伊集院光:今週気づいたこと。なんか生まれて初めて、大河の第一話から…今後見るかどうか分かんないけど、大河の第一話を見ました。

『いだてん』は、実は飛び飛びで見てて、で、飛び飛びで見てても結構面白かったりとか、泣いたりとかして。で、まぁ『いだてん』はある意味、大河好き、歴史好きみたいな人から言わせると、ちょっと邪道みたいな感じだったんでしょ?

そうすると、歴史モノの、その本来のまん真ん中の大河、一回見てみようかなと思って。例の『麒麟がくる』っていうのを見てみたんだけど。

『麒麟がくる』でいいんだよね?もう、全然大河初心者だから。「そうだっけ?」みたいな顔をガラスの向こうでされるだけで、「違ったっけ?」みたいな(笑)

『麒麟がくる』を見たんですけど。ああいうものなのか…っていうか、そもそも大河の楽しみ方がよく分かんなくて。前に、ウチのカミさんが『篤姫』に凄いハマって。なんか毎週、『篤姫』見てたわけ。で、カミさんと上野かなんか散歩してる時に、ゆかりの場所がいろいろあるから。

「お前、そういや『篤姫』ハマってたよな?」みたいな話から、「徳川慶喜で、江戸時代終わりじゃん」みたいな話をしてたら、「最悪、ネタバレされた」って言われて(笑)

「最悪だよ、アンタ」って。「なんで言うの?」って凄い怒られた(笑)



伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の人気記事