山里亮太、タモリから日本アカデミー賞授賞式での失態を受けて「インタ・スベル」というあだ名を命名されたと明かす

2020年1月15日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、タモリから日本アカデミー賞授賞式での失態を受けて「インタ・スベル」というあだ名を命名されたと明かしていた。

山里亮太:俺、日本アカデミー賞授賞式のインタビューね。あれ、死ぬ前出てきて、苦しんで、苦い顔をして俺は死ぬと思う、グーッて(笑)

もう時期だもんね、もうじきね。本当はね、「インタビュアーは芸人さんでやりたい」っつってね、その第1号が俺だったんですけど、俺の大失態により、インタビュアーさんが芸人じゃなくなったというね。

俺がやった翌年から、アナウンサー2人に変わったという大事件。懐かしいなぁ。あれのきっかけで…俺、その時、『いいとも』出てたから。『いいとも』のテレフォンの電話つなぐ人やらせてくれたのね、タモさんから。

「見たよ」って。「あんなにスベるインタビュアー初めて見た」って、「インタ・スベル」って名前をもらって。電話繋いだもん。懐かしいなぁ。



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事