山里亮太、赤江珠緒にTBSラジオから贈られた金一封を「もらった!」と奪われたと明かす「ラジオ頑張ってるのは、たまむすびチームだってそうだから」

2020年1月15日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、赤江珠緒にTBSラジオから贈られた金一封を「もらった!」と奪われたと明かしていた。

山里亮太:片手に感謝状、片手に目録を持ってね。で、自分の荷物がある『たまむすび』のブースに戻ったら、横にスッと風を感じたわけ。

スッて通り過ぎた時に、左手の目録がないわけよ。盗られたのよ。俺は、本当にいい加減にしてくれ、と。不毛チーム。誰だって、廣重がいる、宮嵜さんいる、セパちゃんもいる、誰だって思って、パッと目録を持ってニヤニヤしてる人がいたのよ。

それが、赤江珠緒さんだったの。赤江さんが、「もらった!」って(笑)ニッコニコして、それを持って。「ちょっと、やめてくださいよ」って言って。

「だって、ラジオ一緒に頑張ってるのはね、『たまむすび』チームだってそうだから。これはもらうよ」って。で、「ちょっと待ってくださいよ、返してくださいよ」って言って。

「どれぐらいなんだろう?」ってパッて見たら、手紙が入っててさ。「感謝の気持ちを込めて、お金は今度振り込みます」って書いてて(笑)

赤江さんは、俺にいつかお金が振り込まれるって紙を盗んでキャッキャ、キャッキャしてて(笑)いやぁ、あれは、本当に振り込まれるかわかりませんし、弊社を通すことで、何割か引かれることはたしかでしょうから。

でも、いいです。私は感謝していただいたということだけで。またこれに応えられるように、頑張っていきたいと。



たまむすび

本日の人気記事