カンニング竹山、以前所属していた事務所から「反社会的勢力と思しき人々」のいる飲み屋での営業を斡旋された過去を告白

2019年6月29日放送のAbemaTVで配信中の番組『The NIGHT』(毎週月-土 25:00 – 28:00)にて、お笑い芸人・カンニング竹山が、以前所属していた事務所から「反社会的勢力と思しき人々」のいる飲み屋での営業を斡旋された過去を告白していた。

カンニング竹山:「闇営業」という種類の仕事は、実はないですよっていう。それが分かった瞬間に、誰も行かないですよっていう。

もしかしたら中には、全然テレビとか出てない人で、そんなに知名度がある人、著名な人じゃない人で、芸能活動をなさってる方はそういうことを「闇営業」っていうか、反社会的勢力の人の仕事をやってる人も、いるのかもしれませんけど。

大体ね、こうやってテレビとかAbemaとかでお仕事させていただいてる人は、「そういうのはダメ」っていうのは分かった人が多いですから。多いとみんな分かってますから。

だから基本的にはないですよね、それはね。だから、これがまた難しいところが、お金もらう、もらわないなんだけど、たしかに僕も自分のライブでのネタにもしましたけど、思い切り反社会的勢力だろうなって人と写真撮られたこともありますよね、新大阪の駅で。

お断りしたらですね、ワーッて肩を組まれていきなりパシャって撮られたとかね。思いっきりモンモン入ってましたけどね。そういう写真が世の中に出たらまずいわけですよね。

あと昔、それは僕がまだサンミュージックじゃなくて、個人事務所みたいなところにいたんですけど、その時は、凄い飲み屋のね…キャバクラなのか、いかがわしいというか、よく分からない飲み屋の営業に、ちゃんと事務所のマネージャーから言われて行きましたよ。

あきらかにそこは、ちょっと怪しい感じの人で、柄の悪い方がいっぱいいてね。怖い人のお店でやったこともありましたけど。それ、闇営業になるかって言うと、それ闇営業にならないんですよ。なんでかって言うと、それは当時、僕が所属してた事務所から直接来た仕事だから、僕は言われて行っただけになるんですよね。

だから、そういうところがちょっと難しいところなんですけど。闇営業ってものはないよっていう、それだけは誤解なさらずに。

オススメ記事

カンニング竹山、宮迫博之らが謹慎処分となった闇営業問題に「今の時代、反社会的勢力の人とあえて仕事をするってことはない」と断言

カンニング竹山、スリムクラブとカラテカ入江・宮迫博之らの闇営業問題は「分けて考えた方がいいと思う」と指摘「一旦、精査し直しても…」

赤江珠緒、宮迫博之ら13人が謹慎処分とされた「闇営業」問題が暴力団対策法の主旨とズレているのではと指摘



THE NIGHT

本日の人気記事