スピードワゴン小沢、M-1グランプリでは過去に「死人が出る」レベルで大スベリしていたコンビもいたと指摘「何人か死人出てるじゃん、過去(笑)」

2019年12月24日放送のMBSラジオ系のラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週月-木 22:00-23:30)にて、お笑いコンビ・スピードワゴンの小沢一敬が、M-1グランプリでは過去に、「死人が出る」レベルで大スベリしていたコンビもいたと指摘していた。

松田大輔:小沢さんたちの時には、50、60点っていう点数はあったかもしれないけど、それは今の90点です。

小沢一敬:うん、平均点上がったよね。

善し:そうやね。最低点って言っても、70点なんてないし。

小沢一敬:そう、そう。申し訳ないけど、死人は出ないもんね。

多田健二:出ない。

小沢一敬:何人か死人出てるじゃん、過去(笑)

筧美和子:ふふ(笑)

松田大輔:本当ですよ。

小沢一敬:M-1で大ヤケドっていう(笑)

善し:そういうことね。

多田健二:笑ってはらへん審査員の顔も凄い撮るし。第一回とか凄いよ。

善し:第一回、審査員誰も笑ってへんかったんちゃうか。

松田大輔:笑わない、みたいな。

小沢一敬:第一回見直したんだけど、番組内でその会話になってるんですよ。「M-1の審査員は笑わない。これがいいんですよ」って言ってる人がいたから。

善し:せやんね。たしかに俺も見直したけど、ホンマに笑ってなかった。

松田大輔:ピリピリ、ピリピリしてましたもんね。

多田健二:うん。

松田大輔:8位、9位とったら、日本で一番面白くないみたいになってましたもんね。

多田健二:ホンマやんね。せやったら出んほうがいいじゃないけど(笑)

松田大輔:3000、4000勝ち抜いてきて。

多田健二:いや、たしかに。



アッパレやってまーす

本日の人気記事