伊集院光、新語・流行語大賞は「高度なテクニックの炎上商法」であると指摘「もっと違和感のあるやつだったらイジらない」

2019年12月2日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、新語・流行語大賞は「高度なテクニックの炎上商法」であると指摘していた。

伊集院光:今週気づいたこと。まぁ、気づいちゃいけないっていうかねぇ、イジっちゃダメなんだよね。

グッと我慢しなきゃいけないんだよね。新語・流行語大賞と、あと「今年の漢字」ね。イジっちゃいけないんだよね(笑)

イジるから、また決めるんだから。イジっちゃいけないものっていうのはね、いくつかある。収まるまで絶対…もうイジればイジるほど、どうしようもできないんだから。

親戚の家に泊まった時の寝起きのおちんちんとか。あと、神田うのの結婚式の話題とか、ああいうのも、イジるから。イジるから起きちゃうんだから(笑)

もう、それは重々承知なんですよ。なんか、「新語・流行語大賞のアレがおかしい、これがどうだ」って言ってたら分かってるんですけど。

ダメなのはわかってるんですけど、もはやさ、ちょっとさ、炎上商法。しかも高度なテクニックを使った炎上商法にちょっと近いぞと思ったのは、今回の「ONE TEAM」。「ONE TEAM」ってあるじゃん。

ラグビーを選ぶのは何の問題もないと思いますよ。あれだけの話題だから。でも、ラグビーの中で、「ONE TEAM」ってそんな聞いた?

そこが巧妙なんだよね。もっと違和感のあるやつだったら、もう、イジらないって決めてたんですよ。なんですけど、ラグビーを持ってきて、「ONE TEAM」とか…しぶこは分かりますよ、そりゃ。今朝も新聞出てますから。

「スマイリングシンデレラ」の方を入れてくる感じとかが、もう巧妙な嫌がらせですよね、巧妙な。なんですかね…で、もっと言えばですけど、ベストテンかな。ベストテンの一番下の方に、そのトップテンの一番下の方に、「令和」って入れてんのね。

もう、「令和」でよくない?「令和」入れんなら。「令和」を入れていいんなら、年号入れていいなら、ありとあらゆる新聞に毎日出てますよ。全ての新聞の上の方に必ず、日付ですから、もう絶対出てるじゃないですか。

令和をなんで、そこに申し訳程度に入れるのかっていう。イジっちゃったからには、もう完全にヌくまで。親戚の家だろうが何だろうが関係ありませんよ、そんなの(笑)

もうイジって大きくしちゃったんなら、一応言いたいこと全部。出すだけ出さないと、変な感じになっちゃうんですから(笑)



伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の人気記事