爆笑問題・太田、明石家さんまの「爆笑問題とは戦友みたいな気持ちでいる」発言に感動「このご褒美はさ、勲章だよ」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2023年1月10日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、明石家さんまの「爆笑問題とは戦友みたいな気持ちでいる」発言に感動したと語っていた。

太田光:(明石家さんまが)「歴史を紐解けば、長いんや、アイツらとは」って。

田中裕二:うん。

太田光:で、「爆問とは、ホンマに言ってみれば戦友みたいな気持ちでいます」と。

田中裕二:うん。

太田光:で、「一緒に笑いって戦場で戦ってきた仲間ですから、戦友だと思ってますけどもね」って。

田中裕二:うん。

太田光:「アイツ、今日もニヤニヤして聞いてるんやろうけどな」って。

田中裕二:うん。

太田光:「アホやからな、アイツ」って。「かゆみ止め、エイプスに変えろ、ドアホ」って。

田中裕二:すげぇそのこと言うな(笑)

太田光:「ボリボリ掻きながら、ラジオ聞いてるんやろ、あのアホが」って(笑)

田中裕二:はっはっはっ(笑)

太田光:「はしゃぐんじゃない」とか言うんだけど。俺はもうそのラジオを聞きながら、もうはしゃぐどころかさ、掻くどころかもう、全身鳥肌立ってさ。

田中裕二:うん。

太田光:もうさ、その「戦友だ」って言葉もそうだし、「この言葉は宝物だな」と思って。そういう意味で言うとさ、本当に言ってみりゃ戦場だってね。

田中裕二:うん。

太田光:よく、さんまさんは「笑いは戦場や」って言うけど。

田中裕二:うん、はいはい。

太田光:本当にそうやって言ってくれたことっていうのがさ。

田中裕二:うん。

太田光:俺はほらね、「こんなことやってていいのかな?」とか、「意味のないことに意味があるんだ」とか、くっだらねぇなって思って。このご褒美はさ、勲章だよ、言ってみりゃさ。

田中裕二:うん。

太田光:だからさ、凄いそういう意味で救われたなっていうかさ。

田中裕二:うん。

太田光:もうだってそりゃ、世間なんか絶対全員俺のこと嫌いじゃない。

田中裕二:そんなことはない(笑)

太田光:そんな結果がいっぱい出てんだもん。

田中裕二:いやいや、全員じゃないですよ(笑)

太田光:でも、ほとんどが嫌いなの。だけど、それでもいいやっていうかさ。

田中裕二:うん、まぁね。

太田光:さんまさんにそんな勲章をもらって。

田中裕二:うん、言ってもらえてね。

太田光:やっぱり、ウエストランドがくれた勲章だよな、これってな。

田中裕二:まぁまぁ、ある意味ね。

太田光:本当にそう思うよ、俺は。

田中裕二:うん。

太田光:嬉しかったね、だから。

明石家さんま、引退を思いとどまったのは爆笑問題・太田の一言があったからこそであると告白「60で引退するのなんか卑怯です」
2022年12月24日放送のMBSラジオのラジオ番組『ヤングタウン土曜日』にて、明石家さんまが、引退を思いとどまったのは爆笑問題・太田の一言があったからこそであると告白していた。 リスナーメール:先日行われたM-1グランプリで、優勝し...
明石家さんま、爆笑問題は太田プロからの独立で「干されていた」時期もあったためウエストランドM-1優勝は「俺らが思ってるより」感慨深いのではと発言
2022年12月24日放送のMBSラジオのラジオ番組『ヤングタウン土曜日』にて、明石家さんまが、爆笑問題は太田プロからの独立で「干されていた」時期もあったため、ウエストランドM-1優勝は「俺らが思ってるより」感慨深いのではと発言していた。 ...
タイトルとURLをコピーしました