山里亮太、黒帯の大西進・てらうちが「闇属性」だと気づいた理由「楽屋でインディアンスきむと吉本の派閥争いの話をしてて…」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2022年9月14日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、黒帯の大西進・てらうちが「闇属性」だと気づいた理由について語っていた。

山里亮太:黒帯がわざわざ大阪から来てくれたんだけど、見て欲しいわ。久しぶりに、目の奥がしっかり濁った若手現るというか。

「ああ、いい意味で性格悪いぞ」っているじゃない。いい性格の悪さを持ってる、その性格の悪さゆえに、「その角度で」っていう。で、オモシロ漫才でオブラート包んで、核心を突く怖い、悪いことを言うみたいな。毒がめちゃくちゃ小気味よくて。

2人ともいい感じでね。なんで黒帯が「闇属性だな」って気づいたかって言ったら、草月ホールだったんだけど、草月ホールの楽屋入った時に、黒帯の2人とインディアンスのきむが喋ってたのよ。

やっぱね、俺がもしこれを漫画にするんだったら、効果音は「どんより…」だったね。で、派閥争いの話をしてた、ずっと。

「○○さんの派閥は今、弱ってるな」って(笑)そういうところに…俺も気づいたらそこにずっといちゃったんだけど。

そこに時々ね、そいつどいつの刺身がね、梨剥いて持ってきてくれるの(笑)「梨食べます?」って(笑)

ニューヨーク屋敷、Aマッソ・きつね・お見送り芸人しんいちなどの松竹出身芸人は芸歴をごまかして後輩感を出すと指摘「なんか芸歴ちょこちょこしやがってよ(笑)」
2022年2月13日配信のYouTube動画『ニューヨークのニューラジオ』にて、お笑いコンビ・ニューヨークの屋敷裕政が、Aマッソ・きつね・お見送り芸人しんいちなどの松竹出身芸人は芸歴をごまかして後輩感を出すと指摘していた。 屋...
タイトルとURLをコピーしました